ここから本文です

クロース、恩師アンチェロッティの誘いにノー「ブンデスリーガには戻らない」

フットボールチャンネル 7/7(木) 7:20配信

 現在、ドイツ代表の一員としてEURO2016に参戦中のトニ・クロースの下にはには、かつての恩師からのラブコールが殺到しているようだ。6日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 今季からバイエルン・ミュンヘンの指揮を執るカルロ・アンチェロッティ監督がレアル・マドリー時代の教え子であるクロースも補強ターゲットの一人に挙げていることについて「ブンデスリーガでプレーすることはないだろう」とその可能性を否定した。

 片や、同じく今季からマンチェスター・シティで指揮を執るのが、クロースにとってバイエルン時代の恩師ジョセップ・グアルディオラ監督だ。こちらもクロースの獲得に興味を示しているが、「サッカー界では、全ての可能性が捨てられないことを皆知っている」と若干の含みを残した回答をした。

 世界屈指の名将でもあるかつての恩師から大モテ状態のクロース。しかし、目下の目標はフランスとの準決勝を制することだ。「中盤をコントロールしたチームが勝つ」と述べる、名将たちがほれ込む26歳の司令塔に注目だ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 7:34

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。