ここから本文です

EURO最大のサプライズ! 史上初8強躍進アイスランドの”無印軍団”にビッグクラブからオファー続々

Football ZONE web 7/7(木) 13:30配信

ビャルナソンとシグルドソンが移籍市場の人気株に

 初出場の欧州選手権(EURO)で準々決勝進出を果たし、奇跡のストーリーとして話題をさらったアイスランド代表の無印選手が移籍市場で一気に評価を高めている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」はアイスランドのサイドアタッカーとして躍動したMFビルキル・ビャルナソンは、イタリアの強豪ローマに加えて日本代表MF原口元気が所属するヘルタ・ベルリン、そして日本代表DF内田篤人が所属するシャルケが獲得の候補として争奪戦がスタートしていると報じている。

 レギュラーDFとして活躍したラグナル・シグルドソンには、プレミアリーグとブンデスリーガの複数のクラブから熱視線が浴びせられている。ドイツ紙「スポーツ・ビルト」が報じている。

世界を驚かせた人口33万人の小国の成功譚は続く

 シグルドソンはロシアリーグのクラスノダールでプレーし、昨季もレギュラーとして活躍してきたが、EUROでの活躍は大きなインパクトになったようだ。日本代表FW岡崎慎司が所属するプレミア王者レスター・シティに加え、欧州チャンピオンズリーグ出場権を持つトットナムも獲得に乗り出しているという。 ブンデスリーガではこちらも内田が所属するシャルケに加え、強豪ボルフスブルクも争奪戦に参加しているという。シャルケへの移籍ということになれば、内田と最終ラインで共闘する姿も見られるかもしれない。

 世界を驚かせた人口33万人の小国を代表して戦った面々はビッグクラブで活躍する選手はいなかった。イングランド戦で逆転勝利時にはご意見番の解説者ギャリー・リネカー氏が「プロ選手よりも火山の数の方が多い」とツイートしたほどだが、心打つ全力プレーでEUROで大きなアピールに成功した。そして、移籍市場で注目を浴びたアイスランド代表は大会終了後も更なる飛躍のチャンスを迎えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/7(木) 13:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。