ここから本文です

アルゼンチン、リオ五輪メンバー発表。同日に監督も決まるドタバタ劇…

フットボールチャンネル 7/7(木) 8:23配信

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)が現地時間6日、今年8月から行われるリオデジャネイロ五輪に挑む18名を発表した。

 先日、アルゼンチン代表と五輪代表を兼任していたヘラルド・マルティーノ監督が辞任を発表したため後任を探していたが、現地時間6日にU-20アルゼンチン代表を率いていたフリオ・オラルティコエチェア監督が新監督に就任したことを発表した。

 そして同日、五輪メンバー18名を発表している。当初、予備登録メンバーに入っていたパウロ・ディバラはクラブ側が招集を拒否したため見送ることとなった。国内組のほか、アトレティコ・マドリーなどで活躍する選手たちが選ばれている。招集メンバーは以下の通り。

【GK】
ヘロニモ・ルッリ(レアル・ソシエダ)
アクセル・ヴァーナー(アトレティコ・ラファエラ)

【DF】
ホセ・ルイス・ゴメス(ラヌス)
リサンドロ・マガラン(ボカ・ジュニオルス)
ヴィクトル・クエスタ(インデペンディエンテ)
ラウタロ・ジャネッリ(ヴェレス)
アレクシス・ソト(セレス・バンフィエルド)
レンドロ・ヴェガ(リーベルプレート)

【MF】
マウリシオ・マルティネス(ウニオン)
サンティアゴ・アスカシバル(エストゥディアンテス)
ルーカス・ロメロ(クルゼイロ)
ジョバニ・ロセルソ(ロサリオ・セントラル)
マヌエル・ランジーニ(ウェスト・ハム)

【FW】
アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリー)
ホアキン・コレア(サンプドリア)
クリスティアン・エスピノーサ(ウラカン)
ルチアーノ・ビエット(アトレティコ・マドリー)
ジョバンニ・シメオネ(セレス・バンフィエルド)

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 9:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。