ここから本文です

ドイツへの雪辱に燃えるGKロリス「W杯の敗戦から成長した」

フットボールチャンネル 7/7(木) 8:40配信

 フランス代表のGKウーゴ・ロリスにとって、EURO2016の準決勝で対戦するドイツ代表は、2014年のワールドカップ(W杯)で敗れた因縁の相手でもある。ロリスは「W杯から成長した」とこの試合に賭ける思いを述べている。6日、スペイン紙『アス』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 会見で、29歳のGKは「人は常に敗北や勝利から学ばねばならない。あの敗戦は、準々決勝で負けただけでなく、同時にW杯敗退も意味するものだった」と述べ、「不幸にも、あの日に強いチームと対戦したということだ。そしてそのチームは程なく優勝したのだ。だが、我々もあの日から成長しているのだ」と続ける。

 そして「ドイツはその戦いぶりからも信用すべき安定感を持っている。我々はどちらが有利かなどとは考えず、いいゲームをするということ考えている」と語り、「メンタルの強さが大事になるだろう。ここは準決勝であり、優勝も近づいている。皆覚悟はできている」と代表主将は強い思いを口にした。

 「チームは正しい方向に進んでいる」と述べるロリスは、2年前のW杯で敗れた試合でもキャプテンマークを巻き、ゴールマウスを守っていた。ドイツの強さと、フランスの成長ぶりを誰よりも知る男にリベンジへの最高のチャンスがやってきた。

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 8:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。