ここから本文です

ポニーキャニオンが声優アーティストスクール『P's Voice Artist School』開講 講師に田中真弓ら

リアルサウンド 7/7(木) 13:07配信

 ポニーキャニオンが、プロの“声優アーティスト”として活躍する人材の育成を目的としたスクール『P's Voice Artist School』の開講を発表した。

 『P's Voice Artist School』は、多数のアニメやアーティストをプロデュースするポニーキャニオンならではのノウハウとネットワークを活用した独自カリキュラムと、多彩な講師陣により楽しみ学ぶことのできるスクール。

 特別講師の田中真弓をはじめ、柴本浩行、渕崎ゆり子、陶山章央といったプロとして第一線の現場で活躍する声優が基礎を伝授。また、高桑一、亀山俊樹、えのもとたかひろなどの人気アニメ作品の音響監督によるレッスンや、アフレコスタジオでのレッスン、実際使用したアフレコ用映像・台本を教材にしたレッスンなどにより、実践的なスキルをブラッシュアップしていく。さらに、一流の“声優アーティスト”を数多く抱えるポニーキャニオンならではのノウハウを伝授すべく、ボイストレーニング、ダンスレッスンをレギュラー実施するという。

 卒業時の成績優秀者には、アニメオーディションのサポートを受けられるチャンスや、声優事務所“スワロウ”、アーティストマネージメント会社“ポニーキャニオンアーティスツ”へ所属するチャンスも用意される。また、在学中にアニメオーディションを受けることも可能だ。『P's Voice Artist School』のレッスンは2016年10月開始となり、この第1期生の募集がスタート。詳細はオフィシャルサイトにて確認することができる。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/7(木) 13:07

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。