ここから本文です

アルゼンチン、五輪後の次期指揮官はシメオネ監督? クラブと契約解除が可能

フットボールチャンネル 7/7(木) 10:30配信

 次期アルゼンチン代表監督として、アトレティコ・マドリーで指揮を執るディエゴ・シメオネ監督の名前が浮上しているようだ。6日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 アルゼンチンサッカー協会(AFA)は現地時間5日、同代表を率いるヘラルド・マルティーノ監督が辞任したことを発表した。同監督は来月から開催されるリオデジャネイロ五輪でもU-23アルゼンチン代表の指揮を任されていたが、これを受けてAFAは6日、後任としてフリオ・オラルティコエチェア氏が臨時で指揮を執ることになったことを急遽発表している。

 しかし、リオ五輪後のA代表指揮官はまだ決まっていない。そこで昨季のチャンピオンズリーグ(CL)のファイナリストであるシメオネ監督の名前が浮上したようだ。同監督は2020年までアトレティコと契約が結ばれているが、どうやら契約解除料なしでクラブと契約を解除できる条項が契約に組み込まれているようである。

 そのシメオネ監督もアルゼンチン代表を率いたいという望みを一度も隠したことはないようだ。その上同監督は、コパ・アメリカで失望した同国代表の多くのサポーターに後任監督として最も強く望まれている監督のようである。

 後任監督の候補者として、シメオネ監督以外にもマウリシオ・ポチェッティーノ氏やマルセロ・ガジャルド氏の名前も浮上しているようだ。しかしシメオネ監督は、クラブが許可をすればアトレティコと兼任でアルゼンチン代表に就任することも可能のようである。

 選手のモチベーションを高く保てることが持ち味のシメオネ監督がいれば、代表引退を告げたFWリオネル・メッシの考えを変えさせることも可能かもしれない。

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 10:30

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)