ここから本文です

藤田ニコル、“Rainbow”コンセプトのデビュー曲MV公開 “にこるん棒”使った撮影シーンも

リアルサウンド 7/7(木) 14:30配信

 藤田ニコルが、デビュー曲「Bye Bye」のMVを公開した。

 MVのコンセプトは“Rainbow”。スマートフォン5台を設置した自撮り棒“にこるん棒”を携え、自らを“渋原系”と発信している藤田ニコルが、渋谷のスクランブル交差点から原宿のキャットストリート、原宿駅前を練り歩いて撮影を行った。また、スタジオ内のシーンでは、実体験や思っていることを盛り込んだ歌詞を表現するストーリー展開をカラフルに表現。最後には、同楽曲のために作られた“Bye Byeダンス”をキャスト全員で披露している。今回初めてMVの撮影に臨んだ藤田は、「緊張してます。ダンスをやりながら歌うのが難しい、、、」とコメントしながらも、和やかに撮影を終えた。

 また、全国3ヶ所でのフリーイベント『『Bye Bye』リリース記念イベント~“Bye Bye”だけど会いに行くよ(ハート)~』も決定している。

※(ハート)は記号でハートになります。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/7(木) 14:30

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。