ここから本文です

マンUがポグバ獲得へ史上最高の134億円オファー! 破格の年俸15億円も用意し買い戻しを画策

Football ZONE web 7/7(木) 18:32配信

代理人と密接な関係にあるマンU ユベントスの3倍の年俸も提示へ

 マンチェスター・ユナイテッドが、ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバにサッカー史上最高額の1億2000万ユーロ(約134億円)で獲得のオファーを出すと、イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」と英紙「デイリー・メール」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ポグバはユナイテッドから2012年に移籍金ゼロでユベントスに移籍。イタリア王者で研鑽を積み、世界最強のミッドフィルダーという評価を手にしている。

 2013年にトットナムからレアル・マドリードに移籍したウェールズ代表FWギャレス・ベイルの移籍金記録116億円を更新する世界最高額オファーに加え、年俸1300万ユーロ(約15億円)という破格の条件を提示し、獲得を画策している。これはユベントスでの年俸の、じつに3倍に当たる高給だ。

 ユナイテッドとしては、タダで手放した逸材を134億円で買い戻すという移籍市場でのオペレーション能力の低さを露呈する格好となるが、ポグバと契約するミノ・ライオラ代理人とは密接な関係にある。スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(←PSG)、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(←ドルトムント)という顧客を次々に“赤い悪魔”に送り込んでおり、ポグバが3人目の衝撃となるかもしれない。

 ユベントスはポグバ放出に否定的な姿勢を貫いているが、移籍金ゼロで獲得した逸材を世界屈指のタレントに育て上げ、134億円で放出して巨額の売却益を手にできるとなれば、方針を一変させることもありそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/7(木) 19:46

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。