ここから本文です

ポルトガルの18歳MFに年齢詐称疑惑が浮上! 名伯楽が「23か24歳だと保証できる」と衝撃の告発

Football ZONE web 7/7(木) 21:00配信

EUROで大ブレイク中のサンチェスに、ギー・ルー氏が噛みつく

 バイエルン・ミュンヘンに3000万ユーロ(約33億円)で移籍したポルトガル代表MFレナト・サンチェスに、年齢詐称疑惑が浮上している。スペイン地元紙「AS」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 欧州選手権準々決勝ポーランド戦でゴールを決めるなど、大会を通じて輝きを放っている新星に、エリック・カントナ氏やパリ・サンジェルマン前監督のローラン・ブラン氏ら名手を、オセールで育成したギー・ルー元監督が噛みついた。

「彼は18歳だと言っているが、彼の過去を洗わないといけないね。彼の生まれた後、生年月日が明らかになったんだ。誕生日が違うんだ。彼は23か24歳だと保証できる」

 かつての欧州屈指の名伯楽の告発に、欧州中に波紋が広がった。この疑惑にポルトガル地元紙「ジョルナル・デ・ノティシア」は調査を行い、選手の誕生日は1997年8月18日となっているが、出生届けはその5年後の2002年まで出されていなかったという。理由は生後5カ月での両親の別居があったという。

 レナト自身は「ポルトガルで育って、ベンフィカに10年間いたのに、どうやったら25歳になれるんだろうね。理屈が通らないよ」と、疑惑を否定しているという。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/7(木) 21:00

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。