ここから本文です

ジョン・ル・カレのスパイ小説を映画化『われらが背きし者』10月公開へ 主演はユアン・マクレガー

リアルサウンド 7/7(木) 17:04配信

 『Our Kind Of Traitor』が『われらが背きし者』の邦題で、10月21日より日本公開されることが決定した。

 本作は、『裏切りのサーカス』のジョン・ル・カレが手掛けた小説を映画化したスパイ・エンタテインメント。イギリス人の大学教授ペリーとその妻ゲイルが、世界を股に掛けた危険な亡命劇に巻き込まれていく模様を描く。

 主役の大学教授ペリー役を、『ゴーストライター』でヨーロッパ映画賞最優秀男優賞を受賞したユアン・マクレガーが演じるほか、『ドラゴン・タトゥーの女』のステラン・スカルスガルド、『HOMELAND/ホームランド』のダミアン・ルイス、『007 スペクター』のナオミ・ハリスらが脇を固める。テレビドラマ『パレーズ・エンド』のスザンナ・ホワイト監督がメガホンを取り、『ドライヴ』のホセイン・アミニが脚色を務める。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/7(木) 17:04

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。