ここから本文です

『彼岸島 デラックス』“師匠”が予告映像で暴れまくる 名優・石橋蓮司が声優を担当

リアルサウンド 7/7(木) 17:07配信

 白石隼也と鈴木亮平のW主演作『彼岸島 デラックス』より、登場キャラクターの“師匠”こと青山龍ノ介にスポットを当てた予告映像が公開され、あわせて同役の声優を石橋蓮司が担当することも発表された。

 本作は、漫画家・松本光司が執筆するシリーズ累計700万部の人気コミック“彼岸島”の実写版映画。吸血鬼伝説が残る孤島“彼岸島”を舞台に、人間と吸血鬼の生き残りを賭けた戦いが描かれていく。

 このたび公開されたのは、“彼岸島”シリーズの中でも人気のあるキャラクター・青山龍ノ介(通称:師匠)をフィーチャーした予告映像。師匠は、身長262cm、体重198kg、特技は丸太振りという人間離れした怪力の持ち主。宮本明(白石隼也)と宮本篤(鈴木亮平)の師匠で、吸血鬼たちに対する抵抗組織のリーダーである。公開された予告映像では、すごみのある石橋蓮司の声と共に、派手な丸太アクションを披露する師匠の姿が確認できる。

リアルサウンド映画部

最終更新:7/7(木) 17:07

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。