ここから本文です

ジェイソン・ブラム製作『ザ・ギフト』10月下旬より公開 “ギフト”をテーマに描くサイコスリラー

リアルサウンド 7/7(木) 17:08配信

 ジェイソン・ブラム製作『ザ・ギフト』が、10月下旬より日本公開されることが決定した。

 本作は、『パラノーマル・アクティビティ』シリーズのジェイソン・ブラムが製作を務めたサイコスリラー。新天地で幸せな家庭を築く夫婦サイモンとロビンのもとに、高校時代の同級生と名乗る男から執拗に“ギフト”が贈られ続ける様を描く。

 監督・脚本・製作を務めたのは、第69回カンヌ国際映画祭正式出品作『Loving』(原題)のジョエル・エドガートン。『ザ・ギフト』が初の長編監督デビュー作となり、出演も果たしている。幸せな夫婦の夫役を『宇宙人ポール』『ディス/コネクト』のジェイソン・ベイトマン、妻役を『アイアンマン3』『トランセンデンス』のレベッカ・ホールがそれぞれ演じている。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/7(木) 17:08

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。