ここから本文です

セードルフ、中国2部で監督キャリアの第2章へ。カンナバーロ、フェラーラらと競演

フットボールチャンネル 7/7(木) 19:49配信

 中国リーグ1(2部)の深セン宇恒は7日、クラーレンス・セードルフ氏が新監督に就任したことを発表した。

 2014年1月にブラジルのボタフォゴで現役を引退したセードルフ氏は、直後に現役時代にもプレーしたミランの監督に就任。本田圭佑らを指導したが、低迷するミランを復権させることはできず、シーズン終了後には解任されてしまった。

 その後はフリーの身が続いていたが、中国の2部リーグで監督キャリアの第2章を歩むこととなった。深セン宇恒は16試合(全30節)を消化して現在8位だが、1部昇格を狙える位置にいる。

 スーパーリーグ(1部)のクラブが大物選手、監督を世界各地から引き抜いていることは大きな話題になっているが、2部リーグも例外ではない。

 最近では元ユベントスのチーロ・フェラーラ氏が武漢卓爾、バロンドール受賞者でもあるファビオ・カンナバーロ氏が天津権健の監督に就任している。

 かつてイタリアでしのぎを削ったセードルフ氏だが、次の戦いの舞台は中国となるようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 19:54

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ