ここから本文です

ベルギー、EURO敗退は当然だった? 選手が記者に陰口、守護神が監督と口論か

フットボールチャンネル 7/7(木) 20:30配信

 失望的な形で今大会のEUROから敗退したベルギー代表だが、そこには知らされていない舞台裏があったようだ。6日付のベルギー紙『ヘット・ラーツテ・ニウス』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 今大会に“豪華なタレント軍団”として登場したベルギー代表。しかしそのタレント性は確認されたものの、結局は個人技頼りのまとまりのないチームとして期待外れな形で敗退している。そこには監督と選手の確執という原因があったようだ。

 決勝トーナメント第1戦でハンガリーに4-0で勝利を飾った後、テクニカルスタッフのメンバーだけでその勝利を祝うパーティーが開かれたという。彼らは多量の飲酒をし、立なくなるまで泥酔した者もいたようだが、その一方で選手たちは、同代表のマルク・ヴィルモッツ監督によって決められた厳しいルールにより、それぞれの部屋にいることを義務付けられたようである。

 そして関係を悪化させる最も大きな原因となったのは、ヴィルモッツ監督の不公平なチョイスにあるようだ。エデン・アザールやアクセル・ヴィツェルは特別扱いされ、試合前に先発メンバーを知らされていたようである。

 指揮官の不公平な振る舞いに、その他の選手たちは陰に隠れて知り合いの記者にSMSで同監督のチョイスを酷評していたようだ。その嫉妬がピッチでも反映されてパスをミスしたり、パスを拒否したりすることも生じたという。そしてウェールズに負けた後のドレッシングルームでその緊張した状態が最大に達し、GKティボー・クルトワがヴィルモッツ監督と衝突したとみられている。

 豪華なタレント軍団ベルギー代表。しかし蓋を開けてみると、中身は亀裂だらけのバラバラなチームだったようだ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/7(木) 21:16

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。