ここから本文です

Netflix、ケーブル最大手コムキャストと提携 視聴者1億人も視野に

Forbes JAPAN 7/7(木) 11:35配信

ネットフリックスは7月5日、最大のライバルであるコムキャストとパートナーシップを締結したことを明らかにした。今後、コムキャストが「シームレスな視聴体験を可能にする次世代プラットフォーム」と謳う「X-1」にネットフリックスの番組が加わり、ユーザーはコムキャストのセットトップボックスを使って通常のケーブルテレビと同様にネットフリックスの番組を視聴できるようになる。



「年内のリリースに向けて多くの作業が残っている。サービスの詳細はリリースの際に明らかにする」と両社は公式声明で述べた。提携の具体的な条件については明らかになっていない。

これまでネットフリックスとコムキャストは激しい契約獲得競争を繰り広げてきた。2012年にはネットフリックスのリード・ヘイスティングスCEOが、コムキャストによるデータ通信の制限が、ネットワークの中立性を犯すものだと糾弾した。ヘイスティングスはコムキャストがタイム・ワーナーの買収を発表した際も公に反対を表明していた。

ネットフリックスは大手ケーブルテレビ会社から批判を浴びながらも加入者を急速に増やし続け、人気番組の放映権を数多く獲得してきた。同社はコムキャストとの提携を発表した同日にも、米放送局The CWで放送中の人気ドラマ「Jane The Virgin」、「The Flash」、「Supergirl」を配信する権利を複数年延長したことを明らかにした。

積年のライバル同士が異例の提携

ネットフリックスの加入者数は8,100万人を超え、今年Q1の売上高は18億ドル(約1,818億円)に達した。それでも同時期に188億ドル(約1.9兆円)を稼ぎ出したコムキャストに比べると小さく見える。コムキャストのケーブルテレビ加入者は2,240万人に上り、35%を占めるX-1プラットフォームの利用者が年内にネットフリックスの番組を視聴できるようになる。ネットフリックスとしてはこの提携により1億人の視聴者獲得も、視野に入った形だ。

ネットフリックスは、ケーブルテレビ最大手のコムキャストと組むことで新規契約の獲得とロイヤリティの向上が期待できる。「ユーザーは面倒な手順を踏まずにストリーミングが視聴できるようになることを望んでいる。今回の提携でそれが実現することになり、両社にとってメリットは大きい」とeMarketerでアナリストを務めるポール・ベルナは話す。

一方のコムキャストは、これまでコンテンツ制作や番組配信において支配力を乱用しているとして規制当局から睨まれてきた。「コムキャストが自社システムから競合他社を排除しようものなら当局が直ちに警告を出す状況にあった」とベルナは話す。しかし、今回のネットフリックスとの提携はこれまでと真逆の行動であり、当局との関係を改善することができるだろう。ライバル同士の提携は一見奇妙に見えるが、ストリーミングサービスの人気の高まりを受けて、メディア業界の巨人であるコムキャストですら民意を尊重せざるを得なくなったというのが真相だろう。

Shelby Carpenter

最終更新:7/7(木) 11:35

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。