ここから本文です

【EURO展望】事実上の決勝戦。満身創痍のドイツか、充実一途のフランスか

SOCCER DIGEST Web 7/7(木) 11:00配信

不透明なのはゴメスを欠くCFの人選。

EURO2016
準決勝
7月7日(木)/21:00(日本時間28:00)/マルセイユ
ドイツ×フランス
主審:二コラ・リッツォーリ(イタリア)
 
【注目ポイント】
●ドイツは主力4人を欠く非常事態。
●レーブ監督はどのような先発メンバーを送り出すか。
●フランスはほぼ万全の状態だが、守勢に回る時間帯も。
●2トップに素早く繋ぐカウンターが機能するか。
 
【試合展望】
 優勝候補の本命とホスト国が激突する、事実上の決勝戦だ。
 
 準々決勝でイタリアとの死闘を制したドイツは、まさに満身創痍の状態だ。筋肉系のトラブルに見舞われたゴメスとケディラに加え、シュバインシュタイガーも右膝を痛めて欠場が濃厚。さらにフンメルスも出場停止と、大一番を前に主力4人を欠く非常事態に陥っている。
 
 注目は、レーブ監督がどのような先発メンバーを送り出すか。イタリア戦と同じく3バックを採用する可能性もあるが、従来の4-2-3-1で考えればフンメルスの代役はヘーベデスが務めるだろう。
 
 不透明なのはゴメスを欠くCFの人選。指揮官が拘っていたゲッツェのゼロトップを再び採用すると予想したが、ミュラーを最前線に置くプランも十分に考えられる。
 
 ケディラの代役候補は、ヴァイグルとジャンの二者択一。最も警戒すべきグリエーズマンとマッチアップすることを考えると、パスセンスに秀でる前者よりストッパーやSBをこなす守備力を備える後者が適任だろう。
 
 一方のフランスはこれといった故障者も出場停止による欠場もなく、万全の状態でこの一戦を迎えられそうだ。準々決勝ではアイスランドに5-2で大勝。ジル―、グリエーズマン、パイエとアタッカー陣が揃ってゴールを挙げ、さらにここまで精彩を欠いていたポグバが復調を印象付けるパフォーマンスを披露するなど、調子は上向きだ。
 
 ここまで参加国中トップの63%のボールポゼッション率を誇るドイツに対しては、守勢に回る時間帯が長くなるだろう。ポイントになるのは、カウンターが機能するかどうか。高い位置でボールを奪ってからジル―とグリエーズマンの2トップに素早く繋ぐシーンを増やせれば、おのずと勝機は見えてくるはずだ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
 

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる”妻&恋人を一挙に紹介!

 

 

最終更新:7/7(木) 11:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。