ここから本文です

「C・ロナウド対ベイル」は前者に軍配。試合後に語った互いの印象とは?

SOCCER DIGEST Web 7/7(木) 7:42配信

ともに両国のサポーターからもっとも大きな声援とブーイングを浴びた。

 7月6日のEURO準決勝、ポルトガル対ウェールズ戦で大きな注目を集めたのが、レアル・マドリーで“BBC”の一角を占めるクリスチアーノ・ロナウドとガレス・ベイルの対決だ。ともにチーム唯一の超ワールドクラスおよび絶対的大黒柱で、実際に両国のサポーターからもっとも大きな声援とブーイングを浴びた。
 
 互いに慎重な戦い方だった前半は、決定機の少ない拮抗した展開に。その中でより動きが良かったのが、ベイルだ。11分には縦のタッチダウンパスでチャンスを作れば、17分には左サイドを一気に駆け上がる。その流れで得たCKでは、トリックプレーから左足で惜しいシュートを放った。
 
 さらに、21分には右サイドでC・ロナウドとラファエウ・ゲレイロを抜き去ってクロスを上げ、その直後にはカウンターから再び右サイドを一気に突破し、中央に切れ込んで強烈なミドルシュートを放った。
 
 一方のC・ロナウドは、3分と10分に相手の激しいチャージを受けながらファウルを取ってもらえず、その後も良い形でボールを受けられなかったことで、徐々にイライラを募らせていた。42分の左足ミドルはブロック、44分のヘディングも枠外に飛ぶなど、ほとんど良いところなく前半終了のホイッスルを聞いた。
 
 しかし、後半に入ると立場が一変する。50分、左サイドでショートコーナーを受けたゲレイロが高精度のクロスボールを上げ、C・ロナウドがジャンプ一番。競り合ってきたジェームズ・チェスターを弾き飛ばしながら、強烈なヘディングシュートをネットに突き刺した。
 
 さらにその3分後には、C・ロナウドが再び違いを作る。右足で放ったシュートを、ペナルティーエリア内にいたナニが滑り込みながらコースを変え、ゴールに流し込んだのだ。
 
 わずか3分間で2失点したウェールズのベイルは、これまで以上に下がった位置でボールを受けて何とか状況を打開しようと奮闘。しかし、61分の絶妙なロブパスはサム・ヴォ―クスのトラップミスで失敗し、76分のハーフボレーのミドルシュート、80分のロングレンジのドライブシュートはいずれも強烈だったもののコースが甘く、ともに相手GKルイ・パトリシオにセーブされた。
 
 この日は相棒アーロン・ラムジーが出場停止だったため、いつも以上に負担がかかっていたのだろう。終盤はさすがに疲労の色が見えた。ベイルはそれでも必死に1点を目指して奮闘したが、無上にも試合終了のホイッスルが鳴り響き、ウェールズは0-2でポルトガルに屈した。

【EURO2016】スター選手たちの“綺麗すぎる””妻&恋人たち

1/2ページ

最終更新:7/7(木) 16:42

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ