ここから本文です

洋画史上初!歌舞伎座でジャパンプレミア開催決定

Smartザテレビジョン 7/8(金) 4:00配信

ジャングルの動物に育てられた人間の少年モーグリと、彼を取りまく動物たちとの絆や葛藤を描いた心揺さぶるドラマと、少年以外を全てCGで表現した最先端の映像テクノロジーによる感動の生命賛歌「ジャングル・ブック」が、4月15日の全米公開後、全世界で9億ドル(約945億円)を超える大ヒットを記録。

【写真を見る】日本が誇る名優・西田敏行、松本幸四郎らが吹き替え声優に挑戦!

このたび、日本での公開を8月11日(木・祝)に控え、ジョン・ファヴロー監督、モーグリ役のニール・セディも来日する本作のジャパンプレミアの全貌が明らかになった。

7月27日(水)に、“あふれ出す、生きる力”を描く「ジャングル・ブック」が、“生命の躍動”を象徴とする東京・銀座の「歌舞伎座」で上映がすることが決定。なお、120年を超える歌舞伎座の歴史の中で、洋画のプレミア上映が行われるのは同所で初の試みで、日米のエンターテインメント界にとって、記念すべき世紀のイベントになる。

来日するジョン・ファヴロー監督、ニール・セディの他、モーグリを優しく、時に厳しく導く、黒ヒョウのバギーラ役の松本幸四郎、モーグリの一番の友達、自由で陽気なクマのバルー役の西田敏行、モーグリに深い愛情を注ぐ、母親オオカミ・ラクシャ役の宮沢りえ、「人間」であるモーグリに強い憎しみを抱く、トラのシア・カーン役の伊勢谷友介という、4人の豪華日本語吹き替え版キャストも集結する。

監督やニール・セディと共に歌舞伎座入り口に敷かれるレッド・カーペットを歩き、ジャパンプレミアを華やかに盛り上げる。

伝統ある歌舞伎座で「ジャングル・ブック」のジャパンプレミアを実施するに当たり、2000人の候補者から見いだされ、期待に応える見事な演技を披露したニール・セディと、ジョン・ファヴロー監督を出迎える日本語吹替え版キャストを代表し、松本は「原作者キップリングが描こうとした愛の物語を、日本の歌舞伎座という伝統芸能の殿堂で上演できることを大変光栄に思います。そして、歌舞伎役者幸四郎が、声優とナレーターという素晴らしい経験をさせていただきましたことを誇りに思います」と、現在の心境を明かした。

当日は、歌舞伎座の外観にはジャングル風の装飾が施され、ジャパンプレミア開催中の夜間にはグリーンにライトアップも予定されている。

'13年4月に、世界に向けた日本文化の発信拠点として新たに生まれ変わった歌舞伎座。ハリウッドの最先端技術を駆使した「ジャングル・ブック」が、日本の伝統芸能の象徴である歌舞伎座に新たな歴史を刻む7月27日(水)、歌舞伎座が一夜限りの“ジャングル”に生まれ変わる。

本作の見どころを、松本は「自然は雄大で美しく、そして過酷です。その中で育まれる人間も動物も超えた究極の愛は、迫力に充ちたディズニーの映像によって、見る者の心を鷲づかみにしてしまいます。真に素晴らしい作品は、洋の東西も時代も超えて、魂を揺さぶるのです」と力強く語り、歌舞伎座との“コラボ”については「ディズニーと歌舞伎という世にも希なコラボレーレーションが、幾久しく、文化芸術の世界に寄与することができますよう、心から祈ってやみません」とコメントした。

最終更新:7/8(金) 4:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円