ここから本文です

Ciao Smiles、CDデビュー記念座談会(後) みんなで話しちゃお!

Smartザテレビジョン 7/8(金) 6:00配信

人気少女漫画雑誌「ちゃお」(小学館)の編集部とアミューズが、毎年実施している「ちゃおガールオーディション」。グランプリ受賞者をはじめ、ファイナリスト10人のうち、アミューズに所属した女の子たちが“ちゃおガール”となり、雑誌「ちゃお」のモデルとして活躍している。

【写真を見る】さくら学院に所属している黒澤美澪奈、15歳。東京都出身

ちゃおガールで結成された新ユニット「Ciao Smiles」は、7人のメンバー(黒澤美澪奈、小林もも、加藤結、宮田くるみ、新谷ゆづみ、植村友結、小島華蓮)が在籍。今後も、オーディションで“ちゃおガール”に決まった女の子が加入する予定なんだそう。

7月7日に、デビューシングル「虹色スマイル」をリリースした7人の座談会を2日にわたって配信。「後編」では、メンバーそれぞれの知られざる素顔を暴露!? また「虹色スマイル」の歌詞にちなんで、自分にとっての“スペシャルな一日”について楽しく話してもらった。

【Ciao Smiles、CDデビュー記念座談会(前) みんなで歌っちゃお!」より続く】

――メンバーそれぞれの個性について語ってください。では、友結ちゃんから見たゆづみちゃんは?

植村:ゆづみは…、ゆづみは…、ゆづみは…。

黒澤:まさか、何もないの?(笑)。

植村:そんなことないよ(笑)。ゆづみは、明るくていつもハジけている感じ。気持ちが沈んでいるところを見たことがないし、常にハイテンション。

新谷:ありがとう(笑)。自分ではよく分からないから新しい発見だよ。くるみは、すごく分かりやすいです。天然で、結構不思議ちゃん。

宮田:ヘヘヘヘヘ。

新谷:こういうところです(笑)。

植村:この人、天然って言われるの好きなんですよ(笑)。

宮田:結構テキパキしているほうだと思っているので、フワっとした感じに見られたいんです。パステル系の色が好きだから、フワフワ系で攻めていきたいという願望がにじみ出ているかも。

加藤:大丈夫。フワフワ系でかわいいよ!

宮田:ありがとう! 私から見たももは、ひと言で言うと、ダイオウグソクムシ(笑)。

――深海生物のイメージ?(笑)

宮田:そうですね、かなり不思議なイメージですね(笑)。

小林:グソクムシの縫いぐるみを持っているんですよ。それをかばんの中に入れていて、電車の中とかでチラッチラッと見るのが好き(笑)。とてもかわいいんです。

黒澤:私も深海生物が好きだから、ももとは通じ合えるところがあります。

小林:結は、ツンデレなところがちょっとあるんです。好きな人にツンとするけど、たま~にデレが入るよね(笑)。あとは、テンションの上下の幅が広い。

加藤:たぶん、テンションが低い時は「みんながうるさいから結がしっかりまとめなきゃ駄目だな」って思っている時なんだよ(笑)。

植村&小島:さすが、お姉ちゃん!

黒澤:お姉ちゃん、しっかりね(笑)。

加藤:美澪奈ちゃんは、やっぱり“プロ”だなと思うことが多いです。自分が何をすればいいのかしっかりと理解しているし、かわいく見えるポーズや角度も分かっていて。メンバーみんなに優しいお姉さんです。

小島:一緒にいる時、頼りになるリーダーという感じです。

加藤:でも、笑い方がヘン(笑)。

黒澤:それは、仕方がない(笑)。

植村:ほめたと思ったら、すぐオトしたね(笑)。

黒澤:華蓮はメンバーの中で一番年下だから、とにかくかわいい! 癒やし系キャラなんですよ。

小島:ありがとうございます!

黒澤:年上のお姉さんばかりだから、遠慮しちゃうところもあるかもしれないけど、少しずついい感じに自分を出しているところがすごい。私たちのグループには欠かせない存在です。

小島:友結ちゃんは、オーディションでも“グランプリ”って感じですごいなと思っていました。

植村:私と華蓮ちゃんは同期なんです。

小島:初めからとても話しやすかった。あとは、手足が長くて、いいなぁって(笑)」

――「虹色スマイル」の歌詞にある“Special day”にちなんで、みんなにとってのスペシャルな一日を教えてください!

小島:私は、一日中家でゆっくりできる日が好き。

宮田:私も同じ! 家でゴロゴロ派。

小林:私も二人と一緒(笑)。家でのんびりと漫画を読みたい。

宮田:アニメをずっと見ていたい(笑)。

新谷:不思議ちゃんコンビは同じなんだね(笑)。

――最近、ハマっている漫画はありますか?

小林:「名探偵コナン」です!

――では、友結ちゃんにとってのスペシャルな一日は?

植村:私は一人でいるのが苦手なので、学校で友達と一緒にいる時が楽しい。メーターが100まであるとしたら120超えるぐらいテンションが高い(笑)。

新谷:120を超えるって何? 100以上ってことなのね(笑)。

小林:テンション、高過ぎじゃない?(笑)。

新谷:私も友結とカブっちゃったけど学校かなぁ。特にお弁当の時間が好き。友達とおしゃべりしながら食べるとおいしい。

小林:それ、楽しそうだね。

新谷:あとは、自転車通学なので、友達と一緒に帰る時間も楽しいです。

加藤:お仕事をしている日はワクワクします。踊ることが好きなのでダンスレッスンも楽しい。

黒澤:普段、メンバー全員がそろうことってあまりなくて。だから、7人でいる時はうるさいけど、めちゃくちゃ楽しい。ホントにスペシャルな日だなと思います。みんなと一緒にいる時は、結構ハッピーな日が多いような気がします。

最終更新:7/8(金) 6:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集