ここから本文です

少しの意識で見違える!姿勢と見た目年齢の深い関係

R25 7/8(金) 7:00配信

ふと街を歩いている時に、ガラスに映った自分の姿を見て、「最近ちょっと老けてきたかも」なんて思ったことがある人も多いのではないでしょうか。「仕事に疲れ、人生に疲れ」なんてさびしいセリフを言う前に、ちょっと姿勢を正すだけで、確実にマイナス5歳の印象に若返ることができるのです!

●老けたと言う印象は姿勢から

周りの人で、「最近、ちょっと老けてきたかも」と感じられる人はいませんか。どのようなきっかけでそう思ったのでしょうか。多くの人が、老いを感じるポイントは、その人の姿勢なのです。

たとえば、お年寄りの絵を描いてください、というと、大半の人が「腰が曲がった人」を描くと思います。姿勢が見た目年齢と深い関係があることがわかります。

同じ年齢でも、姿勢が悪い人は、いい人と比べて格段に老けて見えてしまうものです。裏を返せば、どんなに年齢を重ねていても、スッと伸びた背筋で作り上げられている美しい姿勢であれば、いつまでも若々しくいられるということです。

●姿勢がいい人は、見た目だけでなく中身も若くいられる!

自分の姿勢を見直してみて「もしかしたら、私の姿勢って悪いかも」と思ったアナタは若返りのチャンスです! 姿勢をよくしようと心がけることは、見た目年齢が若くなるだけでなく、身体もほどよく鍛えられて、体の中まで若返る効果があるのです。きれいな姿勢を保つには、背筋と腹筋両方の筋肉が必要です。

どちらかの筋力のバランスが悪いと、重心が前にきたり、反対におなかが前に出て後ろの方へ倒れていったりして、姿勢が悪くなってきます。逆をいえば、姿勢をよく保つだけで、身体の中心を支える体幹筋肉(インナーマッスル)が鍛えられ、発達するということです。体幹筋肉がしっかりしている人は、それだけで日常生活のエネルギー代謝や血液の流れがよくなり、身体の老化スピードを緩めてくれるのです。

●美しい姿勢をつくるには?

老けた印象の見た目も改善され、さらに身体の老化を防いでくれるなら、姿勢を良くしない理由はありません。では一体どうすれば美しい姿勢になれるのでしょうか?

まず心がけたいのが「背筋を伸ばす」こと。カンタンなようでいて、実はこの姿勢を保つのが難しいのです。オフィスでデスクワークをしているときや、電車通勤の際、ちょっと歩く際にも、自分の背筋がきちんと伸びているか、姿勢を少し気にしてみてください。普段姿勢が悪い人は、最初はこれだけでかなり疲れるはずです。

次に心がけたいのが「足を組まない」「壁や椅子に寄りかからない」こと。無意識のうちに足を組んで座ったり、椅子に座っている際に背もたれに寄りかかってしまったりしていませんか? これらの姿勢は骨盤をゆがめてしまい、身体の軸を曲げてしまうことにつながります。

毎日のクセがその人の普段の姿を作ってしまうもの。心当たりのある方は、今日からそのクセをなくすように意識してみましょう。それだけで、グッと若返った印象になること間違いなしです!

(enJOY Complex編集部)

記事提供/『エンジョイコンプレックス』
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/8(金) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。