ここから本文です

家事の達人も認める!「予防家事」読者テク編2

東京ウォーカー 7/8(金) 7:00配信

知的家事プロデューサーの本間朝子さんも認めた、ラクして菌やカビの繁殖を防ぐ読者発の“予防家事”テク。どれも実践しやすいことばかりなので、ぜひトライを!

【写真を見る】掃除グッズを浴室に常備し、入浴時に汚れやカビをチェック。発見したら、即落とす!

1.アロマオイルの香りで掃除も気分よく/掃除機を使うときは、半分にカットしたティッシュにアロマオイルをたらし、最初に吸い込ませて香りを感じながら掃除を。虫よけになるといわれるラベンダー、ペパーミント、レモングラスなどのオイルで害虫予防を。(茨城県 K・Nさん)

2.入浴時の目線でお風呂の汚れをチェック/古歯ブラシなど手軽に掃除できる道具を浴室に置いておき、入浴時に汚れやカビをチェック。すると、掃除のときには気がつかなかった汚れに気がつくことも。その場で落とし、大きな汚れにしないようにしています。(岩手県 A・Sさん)

3.カビ取りをする前に汚れをしっかり落とす/カビの上に汚れがついていると、カビ取り剤がカビまで届かないと聞いてからは、浴室のせっけん汚れなどを先にしっかり掃除して、浴室内が乾燥した状態で使用するようにしています。(東京都Y・Sさん)

こうして、すでに実践している人も大勢。汚れをつけない、ためない、残さない“予防家事”で、菌やカビ、ダニに悩まされない暮らしを!【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:7/8(金) 7:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。