ここから本文です

マツコ・デラックスが抜け出せない“ゾロ目グセ”

Smartザテレビジョン 7/8(金) 17:58配信

7月6日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(毎週水曜夜11:15―12:15)で、マツコ・デラックスが自身のあるクセを暴露した。

【写真を見る】「青山アナくらいの力の抜き方がちょうどいい」と語ったマツコ

視聴者から「新しい環境で自分が出だし以上の結果を出せないこと」の怒りが紹介されると、「人間ずっと全速力はムリだから、相手を動揺させるような(力の抜けた)青山さんくらいがいいんじゃないか」と発言。そして、最近バラエティー色に染まってきた青山アナに対し、マツコが「でもテレビ映りがもっとよくなったらいいわね。テレビだとちょっとブスになる」、有吉も「本物はそんな悪くないもんね(笑)」となどとイジった。

青山アナからビギナーズラックについて聞かれると、有吉は「ない方がいいよね。それで競馬とかやめられない人いっぱいいるもんね」と。マツコは「競馬って始めて数か月くらいに、当たりを出すのよ」と自分の経験から語りだし、「たまたまゾロ目で買ったらあたったのよ。何にも知識がないからたまたま買っただけなのよ、それ以来ゾロ目グセが抜けなくて(笑)。これはないって思ってても、しばらくゾロ目をやめられなくなっちゃった」と苦笑い。有吉もラスベガスで「30万当たった」とビギナーズラックのエピソードを語った。

最終更新:7/8(金) 17:58

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。