ここから本文です

あの美少女が「シャナラ・クロニクルズ」で大人の美女になって帰ってきた!

東京ウォーカー 7/8(金) 19:00配信

アメリカの大人気作家の1人、テリー・ブルックスによる小説「シャナラシリーズ」は、1997年に出版された「The Sword of Shannara」を端に、2016年5月発売の最新巻「The Sorcerer's Daughter」まで、全米累計2600万部にもなる壮大な大河ファンタジーだ。

【写真を見る】エレトリアとアンバリーは犬猿の仲で、ウィルをめぐって三角関係も勃発

これまで何度も映像化の話はあったが、それが遂に実現した。本国で2016年1月に放送された「The Shannara Chronicles」は瞬く間に若者の心をつかみ、初日から3日間で約750万人の視聴者数を記録、1週間ではのべ視聴回数が1460万回を突破するなどMTVのテレビシリーズ史上最大視聴者数を獲得した。さらに同局テレビシリーズ史上最高のiTunesダウンロード記録を樹するなど圧倒的人気のまま早々に2ndシーズンの製作も決定している。

■ 全米が熱狂!「シャナラ・クロニクルズ」が日本上陸

本作は「The Sword of Shannara Trilogy」と銘打たれた3部作の2作目「The Elfstones of Shannara」(1作目が「The Sword of Shannara」)をベースにしているが、原作とはほとんど似ていない。ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』『アベンジャーズ』シリーズ、8月11日公開『ジャングル・ブック』等)製作総指揮による映像はほぼオリジナルで、設定が大きく変わっており、原作ファンが見るなら別物と捉えた方が良いだろう。

そんな本作が満を持して日本上陸、BD&DVDコンプリートボックスが7月13日(水)に発売される。「シャナラ・クロニクルズ」1stシーズンの主要人物は4人。エルフと人間との間に生まれたウィル・オムズフォード、エルフ国王イーブンタインの孫娘にして全人類の命運を握るアンバリー・エレッセディル、盗賊の娘エレトリア、そして偉大なドルイドのアラノンだ。

今回、エレトリアを演じるイバナ・バケロのインタビューが到着!1994年バルセロナ生まれのイバナは現在22歳、ギレルモ・デル・トロ監督の『パンズ・ラビリンス』(2006年、日本公開2007年)で主演の少女オフェリアを演じたあの女の子、と言えば分かる方もいるだろう。そんな彼女が大人の魅力をひっさげて体当たりの演技を見せている。

■ パンズのあの美少女が美女に成長!イバナ・バケロ

--本作のような独創的な世界観への出演は初めてだと思いますが、普通の現代を舞台にしたような作品と比べて役作りで何か違いはありましたか?

「シャナラ・クロニクルズは私が今まで出演してきた作品と全く違うわ。これまでは私の年齢に合った若くて純粋な女の子の役を演じてきたけれど、成人期に突入した今は挑戦的で、より成熟した考えを求められる役柄を演じたいと思うようになったの。シャナラ・クロニクルズはその点でも今までと違うキャラクターを演じる素晴らしい機会だったわ。本作では勇敢で、視線を惹き付ける女性を演じることができ、今までの仕事ではできない経験よ。女優としての成長と並行していると思うわ。私はファンタジーのジャンルが大好きなの!トールキン作品の大ファンで、私の一番好きな映画は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなので、この作品に出演できたことは私にとって夢が1つ叶ったことでもあるの」

--原作がある作品でしたが、どの程度参考にしましたか?また出演が決まるまでにこの原作についてどれくらい知っていましたか?

「この作品に出演するまで、実は原作のことは知らなかったから、まず1stシーズンが基づいている『The Elfstones of Shannara』を読んで物語のコンセプトを知り、原作者のテリー・ブルックスの視点でエレトリアを知ろうとしたの。もちろんドラマは本を完璧に再現することができないから、原作と異なる設定やキャラクターもいる。エレトリアはその1人で、彼女はテレビシリーズにおける探求で本より重要な役割を担っているから役作りは原作をスタート地点として、台本に書かれたことに沿って役作りをすることにしていたわ」

--昨今、大作ドラマは数あれど、若い女の子たちやティーンが夢中になる恋愛ものやラブファンタジーは少なくなってきているように思います。あなたは本作の何が若者の心をつかんだと分析しますか?

「私自身も若く、そして同じファンタジージャンルのファンとして、この作品にはその年齢層を魅了する要素が多くあると思うわ。特殊効果やアクションの他に魅力的な点として私が挙げるのは、それぞれのキャラクターね。彼らに自分を重ねることができるし、物語を通して成長するため共感することができる。そしてさらに興味深いところは単一のストーリーラインではなく、それぞれのキャラクターとその苦難を追うことができるから、ストーリーに深みが出て、それが好奇心をそそると思うの。そして、そのストーリーの合間に異なる三角関係があって、さらに物語を盛り上げているのよ」

■ 三角関係も物語を盛り上げる要素!

--エレトリアとアンバリ-は犬猿の仲ですが、あなたと(アンバリー役の)ポピー・ドレイトンはどうですか?

「ポピーと一緒に仕事をすることができて嬉しかったわ!彼女は自分のキャラクターに専念していて、本当に粘り強く演技をしていたわ。体力的にもハードで、荒れた天候下で複雑なロケーションで長時間撮影したけど、スタッフやキャスト全員がどんな状況でもベストを尽くすことができていたからとても前向きな空気感が漂っていたと思う」

--2ndシーズンの製作決定のニュースが日本でも話題になりました。1stシーズンを待ち望んでいる日本のファンに向けてメッセージをお願いします

「日本でも話題になって嬉しいわ。これ以上ない幸せよ!私自身も2ndシーズンのエレトリアについてはまだ何も知らないから、視聴者の方と同じで彼女の将来に興味津津よ!まだ1stシーズンを見ていない方にはとにかくこの冒険に引き込まれてほしいと願うばかり!」

なお、本作BD&DVDリリースタイミングで、日本ではシリーズでわずか2冊しか発刊されず、しかも今や絶版で入手できなかった「The Sword of Shannara」(2004年に「シャナラの剣」として上下巻で発売)と「The Elfstones of Shannara」(2007年に邦題「シャナラの妖精石」として上下巻で発売)のうち、ベースとなった「シャナラの妖精石」の前編が文庫本として7月2日に発売されたのは朗報だ。出版元の扶桑社にはぜひとも「シャナラの剣」、さらにそれ以降のシリーズの発売を期待したい。

まずは「シャナラ・クロニクルズ」の映像をじっくり見て、それから原作も読んでいただきたい。映像と原作の相違点を見ながら互いを補完しあえば、より深くシャナラの世界観に浸れるに違いない。【東京ウォーカー】

最終更新:7/8(金) 19:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016