ここから本文です

ツール・ド・フランス第6ステージでカヴェンディッシュ3勝目!区間通算29勝でイノーを抜いて抜いて単独2位

CYCLE SPORTS.jp 7/8(金) 6:02配信

新城が3km地点からアタック

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月7日にアルパジョン・シュル・セールからモントーバンまでの190.5kmで平坦区間の第6ステージを競い、集団ゴールスプリントで英国のマーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ)が今大会3勝目を上げた。

カヴェンディッシュのツール通算区間優勝回数はこれで29回になり、地元の英雄ベルナール・イノーを抜いて単独2位になった。1位はエディ・メルクス(ベルギー)の34勝だ。

今大会で3勝目を上げたカヴェンディッシュは、ポイント賞のマイヨ・ベールも取り戻している。マイヨ・ジョーヌはベルギーのグレッグ・バンアーベルマート(BMC)が守った。

この日は日本から唯一参加している新城幸也(ランプレ・メリダ)が、チェコのヤン・バルタ(ボーラ・アルゴン18)とともに序盤から逃げ、ゴールまで22kmで吸収されたが、敢闘賞を獲得した。新城がツールで敢闘賞を獲得したのは、2012年につづいて2度目。

今年のツールは、めずらしく初日から誰もリタイアせずに第6ステージを終えた。公式テキストライブによれば、これはツール史上初めてのことだそうだ。

今大会で区間3勝目を上げたカヴェンディッシュのコメント「今日は昔みたいなスプリントをした。トラックに復帰したことが、良い決断を下す助けになるだろうとロルフ・アルダグ(ディメンションデータのパフォーマンスマネージャー)が言っていたのには同意する。マイヨ・ベールを着られてうれしいよ」

■第6ステージ結果[7月7日/アルパジョン・シュル・セール~モントーバン/190.5km]
1 マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)4時間43分48秒
2 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ/ドイツ)
3 ダニエル・マクレー(フォルチュネオ・ビタルコンセプト/英国)
4 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ/ノルウェー)
5 クリストフ・ラポルト(コフィディス/フランス)
6 ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
7 ディラン・フルーネウェーゲン(ロトNL・ユンボ/オランダ)
8 エドワルド・トゥンス(トレック・セガフレード/ベルギー)
9 ブライアン・コカール(ディレクトエネルジー/フランス)
10 シェーン・アーチボルド(ボーラ・アルゴン18/ニュージーランド)
132 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+4秒

■第6ステージまでの総合成績
1 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)30時間18分38秒
2 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+5分11秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+5分13秒
4 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+5分14秒
5 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+5分17秒
6 ワレン・バルギル(ジャイアント・アルペシン/フランス)+5分17秒
7 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+5分17秒
8 ピエール・ロラン(キャノンデール・ドラパック/フランス)+5分17秒
9 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+5分17秒
10 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+5分17秒
25 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+6分38秒
137 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+33分07秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)
■新人賞(マイヨ・ブラン):ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)

最終更新:7/8(金) 6:18

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

なぜ今? 首相主導の働き方改革