ここから本文です

伝説的アイドル BiSが再始動 プールイ/松隈ケンタ/渡辺淳之介による新曲公開

KAI-YOU.net 7/8(金) 1:24配信

2010年11月から2014年7月まで活動していた女性アイドルグループ・BiSがなんと再始動することが明かされた。

ただし、元BiSのメンバーはプールイさんのみの参加となり、ほかメンバーはオーディションにて募集する。

あわせてYouTubeでは新曲「BiSBiS」を公開。当時BiSのリーダーをつとめていたプールイさんの歌声と、サウンドプロデューサーを担当していた松隈ケンタさんの楽曲で、往年の名コンビが復活している。

11月16日(水)には、1stアルバム『Brand-new idol Society 2』のリリースも決定した。

BiSの鮮烈な活動、解散。そして再始動

BiSは「アイドルを研究して、アイドルになろうとする、アイドルになりたい4人組」をコンセプトに始動したアイドルグループ。

全裸で森を歩き回るPVをはじめとしたアイドルらしからぬ言動で数多のメンバーチェンジを繰り返しながら、2014年7月に解散。

松隈ケンタさんによる楽曲はアイドルファンに留まらず高く評価され、またアイドル自身によるダイブが当たり前のエモーショナルで過激すぎるライブパフォーマンスは旧来のアイドル像を拡張し、熱狂的なシーンをつくりあげ、現在もなおライブアイドルシーンに多大な影響を及ぼしている。

プールイさんはBiS解散後、松隈ケンタさんがプロデュースしていたLUI FRONTiC赤羽JAPANのボーカルとして活躍している。

再始動したBiSは、上述の2名だけでなく名物マネージャーだった渡辺淳之介さんも参加。そして、かつての所属レーベル・つばさレコーズへ籍を置く、お馴染みの布陣となる。

さらに、メンバーオーディションも実施。応募期間は7月31日(日)24時までとなっているので、詳細は公式サイトをチェックしてほしい。

また、音楽メディア・OTOTOYでは、プールイさんがBiS再始動の経緯について語ったインタビューも公開されている。

今なお伝説として語り継がれているアイドルの電撃的な復活。すべてのアイドルファンにとって衝撃の発表となった。

最終更新:7/8(金) 1:24

KAI-YOU.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。