ここから本文です

進化し続けるエイジングケアクリームなら、「若返り」も、もう夢じゃない!?

OurAge 7/8(金) 17:09配信

クリームは少し重たいつけ心地だから、今の時季のケアにはちょっと…。なんて思っている人は、もしかしたら損をしているかもしれない。今どきは、肌や顔立ちに自信が持てなくなってきた大人世代の女性に向けた、頼もしい商品がじつに多く登場している。

アルビオンの「エクス・ヴィ ギンザ」は“奇跡のタイミング”を再現するクリームとして大きな話題に。1カ月のうちで女性ホルモンの分泌量がピークを迎える排卵期には、さまざまな好条件が重なって、細胞の色・形・質に劇的な変化が生じ、女性はひときわ美しくなるのだそう。その再現を目指したのが、このクリーム。女性ホルモンに似た作用を持つ5つの成分や、細胞活性サポート効果を持つ美容成分などを配合。潤い、活力、圧倒的な透明感をもたらし、まるで顔の印象が違って見えるほど明るくさえた肌に。

また、15年以上の幹細胞研究から、重力に負けない、高いホールド力を持つ肌に導くとして誕生したのがパルファン・クリスチャン・ディオールの「カプチュール トータル クリーム」。 年を重ねるにつれ、私たちの肌は弱まって重力に抵抗できなくなり、ハリも失われてしまう。そこでディオールは、真皮にある幹細胞の一種、SKPsがコラーゲンとエラスチンの生成を促し、肌のホールド力とハリを確保することを解明。独自成分のブースト ロンゴザ コンプレックスを配合し、真皮の幹細胞を活性化。絶望的なたるみもキュッを引き上げてくれるという。

ヘレナ ルビンスタインの「プロディジー リバーシス クリーム」は、 エイジングを進ませる「SASP」を抑制して、老化の悪循環を断ち切るとして注目を集めている。「SASP」とは、分裂をやめた老化細胞が、『老化毒素』とも言われる有害な因子を分泌し、周囲の細胞や皮膚組織の環境をゆっくりと衰えさせていく現象のことで、シワ、たるみなどの老化の根源とされている。このメカニズムに着目し、SASPの発生を抑えるエーデルワイスエキスを配合したのがこのクリーム。肌のハリ、ツヤを高めることで、肌年齢の若返りを目指すのだとか。

価格帯は2万円前後~8万円以上と、やはり高価だ。手を出すには少々勇気がいるが、それだけに、重力や老化の悪循環を断ち切るために貢献してくれるはず、と期待が高まる。

最終更新:7/8(金) 17:09

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。