ここから本文です

参院選と都知事選、掲示板わざわざ差し替える?

政治山 7/8(金) 11:50配信

 7月10日投票の参院選も最終コーナーを回りましたが、東京都ではその4日後の14日には都知事選が告示(31日投票)されます。街中のポスター掲示板は同じものを使うのでしょうか?

「骨組みだけ残し、板面だけ替える」

 東京都選挙管理委員会によると、都内62の区市町村の選管に対応は委ねられるそうですが、「多くの掲示場では骨組みをそのままにして、板面だけ替えるのでは」とのことです。

 事前審査で候補者数が絞られるとみられますが、現状では30人枠を用意する予定。現在、参院選の東京都選挙区で33枠の板面が設置されており(候補者は31人)、板面もそのまま流用すれば余計な経費もかからないように思います。

 しかし、参院選候補者のポスターを剥がす際に「板面は特殊なビニール加工が施されているので、数字ごと剥がれてしまう恐れがある」とのことで、混乱しないように最低限、板面だけは差し替えなければいけないようです。

「徹夜作業になる業者もあるのでは」

 多くの市区町村では業者との随意契約で3日以内の設置を注文するので、各業者の対応次第のエリアも多そうです。都内1万4163カ所の掲示場張り替え作業は「板面の製作も含めて徹夜作業になる業者もあるのでは」とのことです。

 今回の都知事選は特急料金での業者発注になるなどのコスト増から50億円程度の選挙費用になると思われます。うち都選管で用意する投票用紙や投票所入場券などを除いて、8~9割が市区町村の経費に充てられます。

選挙の度に膨大なコスト…デジタルサイネージで代用できないか

 投票所での人件費や賃貸費のほか、掲示場の設置に使われる費用もかなりの経費に上るとみられることから、「小学校や公民館など、公共施設の掲示場は屋外用のデジタルサイネージを設置した方がいい」という声もネット上にはあります。

 初期費用こそかさみますが、画像データのやりとりだけで有権者に情報を届けることができれば、候補者のポスター作成や貼付作業も減ります。選挙運動費用を公費で負担する選挙公営も減るので、長期的にかなりコストカットできるのではないかという考え方です。

 都選管に質すと、「そういった意見は初めて聞いた。これまで検討したこともない」とのこと。ポスター掲示板は終われば廃棄するだけです。不公平の無いように表示の一覧性や並び順、サイズなどの検討課題はありますが、技術の進化に合わせた選挙のあり方を、政治も行政も追求する必要があるのではないでしょうか。

<株式会社パイプドビッツ 政治山カンパニー 編集・ライター 上村吉弘>

最終更新:7/8(金) 11:50

政治山

記事提供社からのご案内(外部サイト)

政治山

株式会社パイプドビッツ

政治山は政治・選挙情報のポータルサイト
です。選挙において投票の判断材料となる
記事、候補者紹介・比較、動画、調査分析
などをお届けします。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。