ここから本文です

朝の時間にちょっとした喜びをプラスして、生産的な1日を送りましょう

ライフハッカー[日本版] 7/8(金) 19:10配信

Inc.:生産的な1日を送るには、朝に何をすればいいのでしょうか?

その答えは、早起きではありません。コーヒーを飲むことでもなければ、瞑想や運動でもありません。それらはすべて1日の最初の数分間を楽しく過ごすことには向いていますが、日々の習慣の成否は、人によって大きく異なるものなのです。つまり、パーフェクトな朝のための万能なレシピは存在しません。

では、誰にでも通用する朝のアドバイスはないのでしょうか? それが、あるんです。Cassie Werberさんが書いた「Quartz」の記事によると、素晴らしい朝を過ごすために共通する要素は「喜び」なのだそう。

”朝は極めて重要です。ほかの何よりも先にやってくるので、それとどう付き合うかが重要になるのです。”

最高の朝のルーチンとは、1日の調子を整える方法を見つけることにほかなりません。これを正しく行うことで、たくさんの仕事をこなせるだけでなく、喜びを見出すことができるでしょう。

”朝早い時間にある程度の時間をつくって、普段とは違うことをすると、気分が変わります。いつもより1時間早く目覚ましをセットする必要があるかもしれませんが、それだけの価値があるのです。”

Werberさんは記事の大半を費やして、あわただしく準備に費やされがちな朝の時間帯に喜びを挿入するというアイデアを提案しています。その方法は、喜ばしいけれど実用性のないこと(何時間も早く起きてパンを焼くなど)から、以下に示す明晰かつ実行可能なものまで幅広く考えることができます。

1. 踊る

朝にレイブパーティが行われていることはご存知でしょうか? まったくのしらふで朝6時半からダンスパーティに参加して、それから出社している人たちがいるのです。筆者もそうですが、自分はちょっと遠慮したいという人もいるでしょう。そんな人のために、Werberさんはこんな方法を提案しています。

”朝一番はニュースを消して、好きな曲をかけてみては? キッチンでのダンスパーティでも、気分が大きく変わるはずです”

1/2ページ

最終更新:7/8(金) 19:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ