ここから本文です

新城幸也がツール・ド・フランス第6ステージで敢闘賞を獲得!

CYCLE SPORTS.jp 7/8(金) 6:09配信

第7ステージは赤いゼッケンで出場

フランスで開催されている第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)に日本人として唯一参加している新城幸也(ランプレ・メリダ)が、7月7日に行われた第6ステージで逃げ、敢闘賞を獲得した。

新城は2012年のツールでも第4ステージで敢闘賞を獲得していて、これが2度目の受賞だった。彼は8日に行われる第7ステージで、前日に敢闘賞を取った選手の証である赤いゼッケンを付けて走る予定だ。

■敢闘賞を獲得した新城幸也のコメント(ツール公式サイトより)「今朝、もし逃げがあったら付いていこうと思っていた。でも動きがなかったので、結局自分でアタックした。ヤン・バルタ(ボーラ・アルゴン18)が一緒に来たが、僕はもっと大人数になると思っていた。

ランプレのジャージであまり走っていないので、何かやりたかった。カタールでの事故の後、40日間自転車に乗らずに過ごし、それからトレーニングを再開して70日間走った。競技に復帰したのはツアー・オブ・ジャパンだった。今、僕は完全に回復し、とても調子がいいと感じている」


■第6ステージ結果[7月7日/アルパジョン・シュル・セール~モントーバン/190.5km]
1 マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)4時間43分48秒
2 マルセル・キッテル(エティックス・クイックステップ/ドイツ)
3 ダニエル・マクレー(フォルチュネオ・ビタルコンセプト/英国)
4 アレクサンダー・クリストフ(カチューシャ/ノルウェー)
5 クリストフ・ラポルト(コフィディス/フランス)
6 ペーテル・サガン(ティンコフ/スロバキア)
7 ディラン・フルーネウェーゲン(ロトNL・ユンボ/オランダ)
8 エドワルド・トゥンス(トレック・セガフレード/ベルギー)
9 ブライアン・コカール(ディレクトエネルジー/フランス)
10 シェーン・アーチボルド(ボーラ・アルゴン18/ニュージーランド)
132 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+4秒

■第6ステージまでの総合成績
1 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)30時間18分38秒
2 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+5分11秒
3 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+5分13秒
4 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+5分14秒
5 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+5分17秒
6 ワレン・バルギル(ジャイアント・アルペシン/フランス)+5分17秒
7 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+5分17秒
8 ピエール・ロラン(キャノンデール・ドラパック/フランス)+5分17秒
9 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+5分17秒
10 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+5分17秒
25 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+6分38秒
137 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+33分07秒

[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)
■新人賞(マイヨ・ブラン):ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)

最終更新:7/8(金) 6:09

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。