ここから本文です

メガクラブが狙う英代表の22歳DF ペップとの共闘を熱望しマンC移籍志願へ

Football ZONE web 7/8(金) 7:30配信

3年半で市場価値16倍以上のエバートンDFストーンズ

 今夏の移籍市場の目玉の一人、エバートンのイングランド代表DFジョン・ストーンズは、マンチェスター・シティを率いるペップことジョゼップ・グアルディオラ監督との共闘を望んでいるようだ。チェルシーなども獲得を狙うイングランド未来のDFリーダーは、近くクラブにマンチェスター行きの希望を伝える強行移籍に打って出ると、英地元紙「デイリー・メール」が報じた。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

 22歳の若きDFには、国内外のビッグクラブが熱視線を送っている。

 昨夏はストーンズがクラブにトランスファーリクエストを出し、チェルシーが複数回に渡るオファーで獲得を迫ったものの、エバートンは断固として放出を拒んでいた。バルセロナからも注目されているという超人気銘柄のストーンズの争奪戦は、今夏もより激しさを増しそうだ。

 そうしたなかで、本人の希望はペップが新監督に就任したシティのようだ。クラブへ移籍を志願するとレポートされている。エバートンはストーンズ放出にDFの選手としては史上最高額となる5000万ポンド(約65億円)を要求しているというが、オイルマネーで潤うシティであれば決して払えない額ではない。ストーンズは2013年1月にバーンズリーから移籍金300万ポンド(約4億円)で加入した。3年半の間にその市場価値は16倍以上に跳ね上がったことになる。

 移籍失敗が尾を引いたのか、昨季のストーンズは低調なパフォーマンスに終始した。そのため、移籍金については議論が生まれそうだが、ペップも高く評価しており、将来のイングランド代表を担う逸材獲得に向けて、絶好のチャンスが訪れているのは間違いない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/8(金) 7:30

Football ZONE web

なぜ今? 首相主導の働き方改革