ここから本文です

【7月8日~10日セ・パ第24節展望】2位千葉ロッテと3位日本ハム、首位ソフトバンクへの挑戦権を得るのは?

ベースボールチャンネル 7/8(金) 16:17配信

<セリーグ>

5位・阪神(4勝)―1位・広島(8勝) 甲子園

 天候が心配されるが、セリーグの灯を消さないためにも阪神は奮闘しなければならない。交流戦明けでリーグ再開後初戦と同じカードだ。前回は阪神が3連敗だったが、今回はやり返したい。先発陣は2週間前と同じ、藤浪、能見、岩貞になるだろう。初戦の藤浪は前回登板で7回2失点(自責1)と粘ったが、今回も相手がエースのジョンソンだけに先に点は許したくない。かつては広島キラーだった能見、対戦成績は2敗ながらも防御率は1.80の岩貞には快投を期待したい。頼みの打線だが、何度も書き続けているように打線の固定が急務だ。役割が日々変わってしまうのは、経験のあるベテランならできても、そう容易ではない。将来像を描きながら、打線を組んでほしい。

 一方の広島はこのまま突っ走りたいところだろう。6カード連続で負け越しがなく、順調に貯金を積み重ねている。初戦は8勝を挙げているジョンソンが立つ。防御率も2.18と安定する頼もしい存在だ。2戦目の先発が予想される岡田は前回登板では6回途中でノックアウトされた。その直後だけに大事な登板となる。打線は菊池、鈴木誠、新井が3割をキープしている。鈴木は規定打席に乗せて打率10傑にも名を連ねている。初戦の相手先発が同期の藤浪だけに、その対決も見ものだ。田中にやや疲れが見えてきたが、守備・走塁での貢献が高く問題はない。エルドレッドの代役・ルナも機能している。


4位・巨人(4勝1分)-2位・DeNA(6勝1分)東京ドーム

 7日の試合で1安打しか出ず負けた巨人は出直しを図る。もちろん、打線のテコ入れも必要だが、しっかり守備から作っていくことも大事だ。初戦の先発は大竹寛が上がる。中8日空くが、前回登板の中日戦では8回を無失点に抑える好投を見せた。勝利はつかなかったものの、中身のある内容だった。勝利という形で勝ちを付けたい。2戦目はエースの菅野が上がる。3連敗中とやや元気がないが、2週間前のDeNAとの試合ではノックアウトされただけに、リベンジの想いもあるだろう。正妻の小林の復帰が濃厚とあって、そちらのコンビも楽しみだ。打線は前節の勝利した2試合の得点は少ないものの、いい形で得点できていた。7日のことは忘れて臨みたい。初戦の相手先発が今季2敗を喫している井納になるが、今回の対戦ではしっかり対策したい。

 前節3連勝で勢いにのるDeNAは首位を追いかける意味でも負けられない。初戦の先発・井納は防御率の割には5勝7敗とやや苦しむ。とはいえ、巨人戦は今季2勝と相性がよい。フォークがカギになる投手だが、どれだけ腕を振っていけるかだろう。フォークのキレが落ちた時が交代時期だ。2戦目は石田、3戦目は7年目の国吉が今季初先発するとの情報だ。モスコーソが不調で2軍降格。主砲・筒香と中学時代はライバルチームにいた男は、このチャンスを生かすことができるだろうか。打線の方は、前節、打ちまくった。2戦目のエリアンの逆転満塁本塁打が鮮烈だったが、梶谷の調子が上がってきた。チームの顔でもある梶谷の復調は、ベンチのムードを明るくしている。筒香、宮崎、倉本の調子も良く、打線については心配はないはずだ。


6位・ヤクルト(7勝)ー3位・中日(5勝) 神宮

 3連敗を喫して最下位に転落したヤクルトは、どう立て直してくるか。このままずるずるとは行きたくない。館山や由規など“復活週間”になっているが果たしてどうか。初戦の先発は成瀬が先発に“復帰”する。1カ月以上先発登板が空いたが、成瀬は自分らしい投球ができるか。低めへのコントロールがカギになる。2戦目は、由規が復活する。ケガにより育成契約となっていたが、このほど支配下登録された。どんなピッチングを見せてくれるだろうか。打線の方は1番の大引が腰痛で欠場。その穴を若い西浦が必死に埋めようとしている。川端と山田は元気なだけに、その後を打つ打者がカギになる。雄平、バレンティン、西田に期待したいところだ。

 中日は前節タイにとどめ、移動日を挟んで迎える。初戦の先発はジョーダンが上がる。前回のヤクルト戦では3回7失点と炎上した。5勝すべてナゴヤドームでビジターでは未勝利だが、そろそろ勝ちたいところだ。2戦目予定の若松はヤクルト戦では1勝1敗だが、前回登板では4回5失点で降板している。当時、谷繁監督からはバッテリーで厳しい言葉を浴びせられたが、同じシチュエーションでどう対策を図ってくるか。打線は、平田、ビシエド、ナニータ、福田、堂上と厚みがある。大島・亀澤の1、2番でチャンスを作って、着実に得点を重ねていきたい。

1/2ページ

最終更新:7/8(金) 16:17

ベースボールチャンネル

Yahoo!ニュースからのお知らせ