ここから本文です

ダイエット成功の秘訣は「ときどきサボること」

ライフハッカー[日本版] 7/8(金) 21:10配信

Inc.:ダイエット中、カフェのショーケースに甘いチョコレートケーキを見つけてしまいました。これまでずっと我慢してきたけれど、おいしそうでどうにもなりません。

「今日ぐらい」と自分を甘やかしてしまったら、罪悪感と堕落のスパイラルにはまり、最終的にはソファでチートスをむさぼり食うようになってしまうのでしょうか。それとも、無理もない欲求を持つ自分を許し、チョコレートをお腹いっぱい食べてからダイエットを再開すればいいのでしょうか。

このような悩みを持つ人は多いでしょう。でも、そんなあなたに朗報です。時々ならサボるもよしとする研究結果が発表されたのです。

100か0かでは続かない

オランダでマーケティングを教えるRita Coelho do Vale教授が率いる研究チームは、2種類のダイエットの成功率を比較する実験を行いました。Aグループは毎日カロリーを制限する通常プラン、Bグループは、6日間はAグループより少し制限を厳しくし、7日目には好きなだけ食べていいというプランです。ブログ「British Psychological Society Research Digest」に、その結果が記載されています。

”週に1度の堕落が許されるBグループは、ダイエット期間中を通して強い自制心を維持できました。彼らは一連の実験を楽しいと感じ、モチベーションも長続きしました。また、Aグループと同じだけ体重を減らすことに成功しました。”

つまり、たまの堕落を許すことは、一貫して自己否定するよりも気分がよく、目標に到達する可能性を高めてくれるのです。このことについて、論文著者らはこのように述べています。

”自らの行為や製品に制限を課して禁じたとしても、「抑えがたい衝動」と渇望が生じることが多いものです。その状態が続くと、自主規制が崩壊し、完全に自制心が失われてしまいます。今回の結果は、効果的な自己管理のためのシンプルで新しいテクニックを示唆しています。”

これをわかりやすく翻訳してみましょう。基本的に、常に自分を否定していると、どんどん切望が増大して抗うのが難しくなります。そこで、ときどき小休止を入れてやることで、長い目で見ると目標に向かって着実に進んでいくことができるのです。ただし、小休止は計画的かつ稀でなければなりません。
だから、そのチョコレートケーキ、今すぐ頼んじゃいましょう。科学がいいと言っているのですから。

Go Ahead, Cheat on Your Goals | Inc.
Jessica Stillman(訳:堀込泰三)
Photo by shutterstock.

最終更新:7/8(金) 21:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。