ここから本文です

3大会連続4強もまたも欧州制覇を逃したドイツ 「準決勝で敗れるのは辛い」とノイアーも嘆き節

Football ZONE web 7/8(金) 8:56配信

今大会初の2失点を喫し、“世界最高の守護神”が大会を去る

 欧州選手権(EURO)準決勝でフランスに0-2で完敗したドイツ代表のGKマヌエル・ノイアー(バイエルン・ミュンヘン)が、悔しさにまみれていた。14年ブラジル・ワールドカップに続くメジャートーナメント2連覇を逃した守護神は「準決勝で負けることほど辛いものはない」と胸の内を明かした。独紙「キッカー」が、試合後の選手のコメントを報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ドイツは前半アディショナルタイムに、主将MFバスティアン・シュバインシュタイガーのハンドで献上したPKをFWアントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード)に決められて先制点を献上。長い時間ペースを握ったドイツだったが、後半29分にはノイアーが左からのクロスを弾いたボールを再びグリーズマンに決められ、リードを2点とされた。反撃も実らず、試合は0-2のまま終了。世界王者として臨んだEUROは、ベスト4で幕を閉じた。

 ノイアーは、この結果をまだ素直に受け止めることができていないようだ。「我々はいいプレーをしたが敗退することになった。とても辛い。これは準決勝だ。こうしたゲームで敗れるほど辛いものはないね」と試合の結果を振り返っている。

 準々決勝のイタリア戦では、2本のPKストップを披露するなど超人的な反応を見せたノイアーだったが、この試合のPKではグリーズマンに完璧に逆を取られて失点。2失点目のシーンでは、MFポール・ポグバ(ユベントス)の左クロスを飛び出して防ごうとしたが左手で弾いたクリアは不十分で、ゴール前で待っていたグリーズマンの足元にこぼれる“アシスト”となった。シュートも股を抜かれるなど、世界最高のGKとも称される守護神が今大会初めて1試合2失点を喫した。

「不運なことに僕らは得点を奪えなかった」

 反省しきりのノイアーは、シュート17本が全て空砲に終わったチームの決定力不足と、試合の進め方に問題があったと嘆いていた。

「前半から立ち直れると思っていたけど、不運なことに僕らは得点を奪えず、ゼロに抑えこまれた。何も起こらず0点のままハーフタイムに入ったことで、1点リードのフランスに楽をさせてしまった」

 EUROでは3大会連続で準決勝進出を果たしたが、準優勝と2度のベスト4に終わるなど96年大会以来の栄冠にはまたも手が届かなかった。堅守をベースに勝ち上がったチームも、大声援を背に受ける開催国フランスの前に崩れ、無念の敗退となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/8(金) 8:56

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ