ここから本文です

マシュマロマンがついに登場!『ゴーストバスターズ』新映像で“質感”の異なるルックスが明らかに

リアルサウンド 7/8(金) 9:00配信

 1984年に公開されたSFコメディをリブートした『ゴーストバスターズ』より、人気ゴーストのマシュマロマンが登場する予告映像が公開された。

 本作は、アイヴァン・ライトマン監督が手がけた同名映画を『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のポール・フェイグ監督がリブートした作品。心霊現象を科学的に証明する研究を重ねていたコロンビア大学の素粒子物理学博士エリン・ギルバートが、大学側に研究費を打ち切られてクビになり、“幽霊退治”を行う会社「ゴーストバスターズ」を起業する模様を描く。キャストには、『オデッセイ』のクリステン・ウィグ、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のメリッサ・マッカーシー、『テッド2』のケイト・マッキノン、『サタデー・ナイト・ライブ』のレスリー・ジョーンズ、『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースらが出演する。

 このたび公開されたのは、マシュマロマンが初登場する30秒の予告映像。マシュマロマンは、1984年の『ゴーストバスターズ』に登場したキャラクターで、破壊の神ゴーザから「破壊の使者を選べ!」と言われたゴーストバスターズのメンバー、レイモンドが、子供の頃に好きだったマシュマロのキャラクターを思い浮かべ、街を破壊するゴーストとして誕生したマシュマロのお化け。

 映像では、25秒過ぎに登場するマシュマロマンが、バスターズの面々にプロトンパックで攻撃されている様子が映し出されている。今回登場するマシュマロマンは、1作目のマシュマロマンと比べ質感が少し変わっており、海外メディアからは、「マシュマロマンは戻ってくる。でも予想とは違った形で新鮮さが融合したものになっている」と伝えられている。なお、同じく映像に登場する謎の白い巨大なゴーストとの関係性などは、現時点で明かされていない。

リアルサウンド編集部

最終更新:7/8(金) 9:00

リアルサウンド