ここから本文です

お金持ちになるために知っておくべき「お金」に対する考え方

ライフハッカー[日本版] 7/8(金) 23:10配信

『できる人のお金の増やし方』(リチャード・テンプラー著、桜田直美訳、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、広範な分野において30年以上のマネジャー経験を持っているという人物。さらに2003年には「White Ladder Press」という出版社を創設し、わずか4年で「イギリスでもっとも成功した出版社」に育て上げたのだそうです。

そんな実績を軸として本書で展開しているのは、お金についての独特の持論。誰もがお金を欲しがり、必死で守ろうとするのは「お金が好きだから」ではなく、“お金で手に入ること“のためだという考え方には納得できるものがあります。では、人がお金で手に入れたいものとはなんなのか? それは、おおよそ次の10項目に整理できるといいます。

【人がお金で手に入れたいこと】

1. 安心と安全
毎日の暮らしに困らないこと。加えて“万が一“のときのための余裕と、老後のためにも十分な蓄えがあること。持ち家があるなら、さらに安心だ。

2. 快適な暮らし
十分な広さの家と自家用車があること。健康面で不安があれば、ためらわずに医者にかかること。必要があれば、家事や掃除、子どもの世話をプロに頼めること。

3. 贅沢を楽しむ
海外旅行やレストランでの食事を楽しめること。スポーツ観戦やコンサートに出かけること。洋服やアクセサリーでおしゃれを楽しめること。

4. 快適な移動
列車や飛行機をためらわずに使えること。ときには、一等船室での船旅や運転手付きの車での移動もできること。

5. ステータス
有名人や重要人物と知り合うこと。会員限定の招待など特別待遇を受けること。

6. 影響力・権力
自分の意見や希望が重要視されること。価値観の合う活動や団体を応援できること。

7. 自由
人生を自分の意思で決められること。権力(雇用主・上司・債権者・クライアント...)に振り回されないこと。〆切や予定を押し付けられることがないこと。

8. 時間の余裕
行きたいときに行きたいところへ行き、会いたいときに会いたい人に会うこと。好きなときに好きなことができること。

9. 人気・評判
人からほめられること。評価され、頼りにされること。

10. 自分がよいと信じる社会活動、慈善団体を応援できること。
(「はじめに」より)

1/4ページ

最終更新:7/8(金) 23:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。