ここから本文です

さすがはスーパースター! C・ロナウドが試合前の集合撮影に乱入した少年を咎めず笑顔で抱擁

Football ZONE web 7/8(金) 15:00配信

EURO準決勝の開始前に起きたハプニング 2戦連続の珍客出現も度量の大きさを示す

 ポルトガルは欧州選手権(EURO)準決勝ウェールズ戦で2-0の快勝を収め、自国開催の2004年大会以来の決勝進出を果たしたが、試合前にちょっとしたハプニングが起きていた。集合写真に収まるFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)の横にボールボーイが紛れ込んだと、米テレビ局「FOX SPORTS」が伝えている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 ロナウドとウェールズFWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)の両エースの“銀河系対決”として注目された一戦、お互い決勝進出がかかるなかで緊張感が漂っていたが、キックオフ直前に両チームが撮影する集合写真のシーンで、ポルトガル代表に“異変”が発生した。11人で写真に収まろうとしたタイミングで、右後方に構えたロナウドの横になぜか赤いTシャツを着た少年が入り込んできた。

 一瞬不審者かと思われたが、ロナウドや隣のGKルイ・パトリシオは思わず笑みをこぼしていた。それもそのはず、この少年はこの試合のボールボーイを務めることになっていた一人で、勇気を出してロナウドの横へ飛び込み、一緒に写真に収まったのだという。

 試合直前というデリケートな状況での呑気な行動だったが、CR7は笑顔のまま少年とハグをかわした。この寛大な心に少年は大喜びし、飛び跳ねるように去っていったという。

1得点1アシストの活躍でMOMに輝く

 この少年の行動がリラックス効果をもたらしたのか、ロナウドは後半4分にセットプレーから驚異的な跳躍力でのヘディングシュートを叩き込み、先制点をゲット。その直後にはFWナニ(バレンシア)の追加点をアシストするなど、マン・オブ・ザ・マッチに選ばれる大活躍を見せた。

 ロナウドは準々決勝ポーランド戦でも延長戦に入ってピッチ上に乱入者が現れ、抱きつかれそうになったが、スペインメディアに「インベーダー」扱いされた男を素早いステップでかわしている。2戦連続での“珍客発生”にも心を乱さずに勝利に貢献したあたり、スーパースターとしての器を見せつけたと言えるのかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/8(金) 15:00

Football ZONE web