ここから本文です

本田の移籍先候補だったウェストハムが、ミランのチーム得点王を34億円で獲得合意

Football ZONE web 7/8(金) 17:39配信

伊メディア報じる 昨季18得点のバッカと週明けにも年俸交渉へ

 ACミランのコロンビア代表FWカルロス・バッカが、プレミアリーグのウェストハムに3000万ユーロ(約34億円)での移籍でクラブ間合意に達したことが分かった。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。

【随時更新】EURO2016を彩る欧州の美女サポーター写真集

 バッカは昨季セビージャから3000万ユーロで加入。軸足の後ろに回したトリッキーなシュート「ラボーナ」を披露するなど、昨季はチーム最多18ゴールを決め、セリエAの得点ランク3位と奮闘していた。バッカはウェストハムに加え、バイエルン・ミュンヘン、アトレチコ・マドリードが獲得に関心を寄せているとレポートされていたが、バッカの代理人が週明けにも年俸などの交渉を行う流れだという。

 ミランは中国企業グループが、2年間で4億5000万ユーロ(約504億円)の補強費を投じるとレポートされているが、いきなり昨季エースの売却で戦力ダウン必至という、苦難の船出になる可能性が浮上している。

 一方、今夏の去就問題が浮上している日本代表FW本田圭佑の移籍先候補として、たびたび噂に挙がっていたウェストハムだが、実際の標的は昨季わずか1得点3アシストの「背番号10」ではなかったようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:7/8(金) 17:39

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。