ここから本文です

ウェールズ、かく敗れたり。「3分の悪夢」もベイルに悔いなし。“ドラゴンズ”の夢は終わらず【東本貢司の眼識】

フットボールチャンネル 7/8(金) 11:19配信

ウェールズ代表は、現地時間6日に行われたEURO準決勝でポルトガル代表と対戦。EURO初出場ながら躍進してきたウェールズだが、クリスティアーノ・ロナウドのゴールなどで0-2の敗戦を喫した。しかし、彼らは英雄として母国へと凱旋するはずだ。そして、“ドラゴンズ”(ウェールズ代表の愛称)の夢の続きはまだ終わっていない。(文:東本貢司)

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

主将ロナウドは“わくわく気分”? 前半に漂ったゆったり感

 奇妙な違和感。いつになくあられもなくにこやかなクリスティアーノ。キックオフ前の儀式、挨拶とコイントスのシーンで、レフェリーがものした何事かに嫌に従順・殊勝に耳を傾け、うんうんと優等生よろしく何度も首を縦に振る。センターラインを挟んで向かい合うアシュリー・ウィリアムズは、それを見て呆気にとられたように棒立ちの体――。

 これは何かのブラフか。それとも、よくぞ(我々ポルトガルは)ここまで来れたものだと、素直に感激と感謝の念を精一杯、表したいだけだったのか。

 あえて好意的に深読み解釈してみると――「この場に今立っているのは、何よりもチームメイトのおかげ。キャプテンとして本当に誇らしい。それに、奇しくも“かけがえのない僚友”率いる今大会随一の話題のチームと戦える幸運、最高の舞台設定にわくわくドキドキしてるんです」!

 あゝ、決戦直前にしてこんなきらきらムードを醸し出す稀代のスーパースターなんて、かつていただろうか。無論、そんな、片時の晴れ晴れ友好気分にほだされる者などどこにもいない。ましてや、国のため、ファンのため、そして自分たちのためにも、悔いのない戦いを尽くすのみと、じっと炎を燃やしていたはずのウェルシュ・ドラゴンズの中には!

 意外なほど淡々と、ゆったりと漂い、たゆとう時のようなファーストハーフだった。時折弾ける小さな火花にも、われ関せずと黙々とボールを追い、その都度の行く末を見定め、チャンスの時を待つ両軍。監督コールマンが漏らした「夢の続きへ」を支えに、持前の研ぎ澄ました集散の粋を尽くすドラゴンズと、それをほぼ同じモードで無理なく受けて立つポルトガル――。

 試合が終わり、やってきた一つの結末を受け止めているその時にあっても、真っ先に、何よりも、その45分間の記憶が蘇り、それこそロナウドの“わくわく気分”にあやかって、あゝ、いいゲームだったじゃないか、と心穏やかに頷いている。

1/3ページ

最終更新:7/8(金) 11:27

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。