ここから本文です

前回王者メキシコ、リオ五輪メンバー発表。優勝経験者をOA枠で選出

フットボールチャンネル 7/8(金) 12:20配信

 メキシコサッカー協会(FMF)が現地時間7日、今年8月から行われるリオデジャネイロ五輪に挑む18名を発表した。

 2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、決勝戦でブラジル代表を2-1で下し優勝を果たしている。日本代表とは準決勝で対戦しており、オリベ・ペラルタのゴールなどで3-1の勝利をおさめていた。

 日本戦でゴールを決めたペラルタが今回、オーバーエイジ枠の一人として五輪代表メンバーに選ばれている。大会連覇を目指し、優勝経験者をメンバーに加えた。招集メンバーは以下の通り。

【GK】
アルフレド・タラベラ(トルーカ)
ラフド(ティフアナ)

【DF】
ホセ・アベラ(サントス・ラグナ)
エリック・アギーレ(パチューカ)
セザール・モンテス(モンテレイ)
カルロス・サルセド(デポルティボ・グアダラハラ)
ヨルダン・シルバ(デポルティボ・トルカ)
ホルヘ・トーレス・ニロ(ティグレス)

【MF】
カルロス・シスネロス(デポルティボ・グアダラハラ)
ロドルフォ・ピサロ(パチューカ)
ビクター・グスマン(パチューカ)
エリック・グティエレス(パチューカ)
マイケル・ペレス(デポルティボ・グアダラハラ)
アルトゥーロ・ゴンサレス(モンテレイ)

【FW】
オリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)
ヒルビン・ロサノ(パチューカ)
エリック・トーレス(ヒューストン・ダイナモ)
マルコ・ブエノ(デポルティボ・グアダラハラ)

フットボールチャンネル

最終更新:7/8(金) 12:37

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。