ここから本文です

宿敵ドイツ撃破に指揮官も興奮「世界一のチームに勝った」

フットボールチャンネル 7/8(金) 21:30配信

 宿敵ドイツを降し、2000年大会以来のEURO決勝へとコマを進めたフランス代表のディディエ・デシャン監督は、「世界王者を倒した」と興奮を隠さなかった。7日、スペイン紙『マルカ』が報じている。

【写真】EUROを彩る欧州美女。スタジアムに現れた美しきサポーターたち

 試合後、地元テレビ局のインタビューに応じた47歳の指揮官は「世界一のチームと対戦した。苦しんだが勝ったのだ」と述べ、「ドイツはクオリティが高く、苦戦した。ボールが持てずに、よりゲームが複雑になったが、後半はよりコントロールできた」と試合を振り返る。

 そして「いつも選手たちを信じてきた。彼らは今日の勝利に相応しかった。パリでポルトガルとのファイナルだ。我々はついにその場へ行けるのだ」と自身が主将を務め、優勝を果たした2000年大会以来のファイナルに向けコメントした。

 勝利を後押しした地元サポーターの声援に感謝を述べ、終始興奮気味にインタビューに応じていたデシャン監督。選手として、そして監督としてのEURO制覇まであと1勝だ。

フットボールチャンネル

最終更新:7/8(金) 21:32

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。