ここから本文です

【J1展望】FC東京×甲府|鳥栖ショックから立ち直れるか。下位の甲府にも敗れると…

SOCCER DIGEST Web 7/8(金) 18:00配信

FC東京――城福監督は古巣の甲府を相手にどんな采配を見せるか。

J1リーグ2ndステージ・2節
FC東京-ヴァンフォーレ甲府
7月9日(土)/19:00/味の素スタジアム
 
FC東京
2ndステージ成績(1節終了時):10位 勝点0 0勝0分1敗 2得点・3失点
年間成績:10位 勝点23 6勝5分7敗 18得点・21失点
 
【最新チーム事情】
●前節の鳥栖戦は後半のアディショナルタイムに逆転される悪夢の敗戦。
●その鳥栖戦でN・バーンズは2アシスト。
●FWのムリキは直近の3試合で2ゴールと好調をキープ。
 
【担当記者の視点】
 点が取れるようになったと思えば、守れない。後半のアディショナルタイムにまさかの2ゴールを許し、大逆転負けした鳥栖戦のパフォーマンスを見るかぎり、不安が先行。残留を争う甲府にまで負けると、このままズルズル後退する恐れもあるだろう。
 
 注目は、城福監督のマネジメント力。例えばリードした状態で、どう逃げ切るか。鳥栖戦では控えメンバーにDFを一枚も入れないことが裏目に出た。その意味で、控えの顔ぶれはひとつのポイントになりそうだ。

 ムリキとN・バーンズの2トップは揃って好調なだけに、守備陣の奮闘が試合の行方を分けるもうひとつのポイントになるか。リオ五輪のメンバーに選ばれた室屋が右SBで先発する可能性もあるが、果たして……。
 
 いずれにしても──。城福監督の古巣である甲府にまで負けるような事態になれば、FC東京は窮地に陥ることになる。絶対に負けられない一戦だ。

甲府――守備に定評のある新井の復帰は、わずかな光明。

J1リーグ2ndステージ・2節
FC東京-ヴァンフォーレ甲府
7月9日(土)/19:00/味の素スタジアム
 
ヴァンフォーレ甲府
2ndステージ(1節終了時):15位タイ 勝点0 0勝0分1敗 0得点・3失点
年間成績:17位 勝点15 3勝6分9敗 18得点・34失点
 
【最新チーム事情】
●右膝を負傷していた新井が約2か月ぶりに先発復帰へ。
●水曜日の練習中に、B・セレスキーが左太もも裏を痛める。チュカも右膝に不安を訴え、木曜日の練習を回避。
●FC東京の守備網を「ブロックを作られる前に、ランニングで攻略したい」(佐久間GM兼監督)と、1トップには突破力のある河本の起用が濃厚。
●新戦力ドゥドゥが来日。登録手続きの関係で、出場可能になるのは第2ステージ・4節の鹿島戦から。
 
【担当記者の視点】
 佐久間GM兼監督が「お粗末な試合にしてしまったことを反省しなければいけない」と振り返った前節の神戸戦は、守備が崩壊して前半だけで3失点。エースのクリスティアーノが抜けたオフェンス面でも、これといってチャンスを作れないまま完敗した。
 
 嫌な流れを断ち切る意味でも、今節は敵地ながらなんとか勝点1を拾いたいが、B・セレスキー、チュカの助っ人ふたりが怪我で欠場濃厚。新助っ人のドゥドゥは、登録手続きの関係で第2ステージ・4節の鹿島戦から出場可能となるため、右WBやボランチを主戦場としてきた福田を前線に起用せざるを得ない。
 
 一方で、守備力に定評を得てきた新井が、約2か月ぶりに先発復帰するのは光明だ。復帰初戦で、しかも、タレントの質では一枚も二枚も上回るFC東京を相手に好パフォーマンスを期待するのは酷だが、津田、土屋のベテランふたりと形成する3バックが、どこまで機能するかは見ものだ。
 

最終更新:7/8(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web