ここから本文です

ドイツ・レーブ監督「今回は我々の方が内容で上回っていたが…」

SOCCER DIGEST Web 7/8(金) 8:31配信

「チャンスが得点に結び付かず…。運だけが足りなかった」

 世界王者として欧州制覇も狙ったドイツだが、EURO2106の準決勝では2点を失い、開催国フランスの軍門に降った。
 
 ボールを支配する時間帯が長かっただけに、ドイツとしては悔いが残る試合となったことだろう。
 
 敗軍の将となったヨアヒム・レーブ監督は試合後、以下のように試合を振り返るとともに、心情を吐露した。
 
――◇――◇――

 【PHOTOギャラリー】グリエーズマン2発! 激闘の模様はこちらで


 2010年(南アフリカ・ワールドカップのスペイン戦)、2012年(EURO2012のイタリア戦)と、準決勝で敗れた時、相手の方が内容でも優れていたが、今回は違った。我々の方が内容でも上回っていた。
 
 我々は動きも良く、1対1でも負けていなかった。失点については、不運だったとしか言いようがない。
 
 選手たちは、私の言うことを全て実践してくれた。彼らはとても勇敢であり、負けたことについて、選手には何の責任もない。
 
 我々には多くのチャンスがあったが、それを得点に結び付けられなかったことには悔いが残る。運だけが足りなかった。

最終更新:7/8(金) 12:07

SOCCER DIGEST Web