ここから本文です

殊勲のグリエーズマン「ポルトガルとの決勝では何でも起こり得る」

SOCCER DIGEST Web 7/8(金) 8:37配信

「決勝に向けてすぐに準備をしなければならない」――。

 EURO2016準決勝で、開催国フランスはドイツを2-0で下し、3度目の欧州制覇に王手をかけた。
 
 ドイツに押し込まれた前半、アディショナルタイムに貴重な先制点をPKで挙げ、後半も良い時間帯に抜け目ないプレーで追加点を挙げたアントワーヌ・グリエーズマン。これで大会通算得点を6に伸ばした(もちろんランキング首位)。
 
 またもや勝利の立役者となった彼は、この試合を振り返るとともに、決勝への意気込みも語っている。
 
――◇――◇――

【PHOTOギャラリー】グリエーズマン2発! 激闘の模様はこちらで

 
 決勝へ進めたことは、とても嬉しい。
 
 今日の試合が難しいものとなるのは、やる前から分かっていた。我々が守勢に立たされることも覚悟していた。GK(ユーゴ・ロリス)がよくやってくれたと思う。
 
 決勝に向けて、身体を休めることは大事だけど、すぐに準備を開始しないといけない。トレーニングは明日もやるつもりだよ。
 
 ポルトガル戦について、勝つか負けるかは半々。どんなことも起こり得ると思う。1度きりの戦いだからね。

最終更新:7/8(金) 12:08

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。