ここから本文です

【J1展望】新潟×湘南|年間勝点差は「2」。両者とも助っ人の出来が勝敗のポイントに?

SOCCER DIGEST Web 7/8(金) 18:00配信

新潟――R・シルバ、端山が戦列復帰し、前線の駒は豊富に。

J1リーグ2ndステージ・2節
アルビレックス新潟-湘南ベルマーレ
7月9日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
2ndステージ成績(1節終了時):12位タイ 勝点0 0勝0分1敗 0得点・1失点
年間成績(18試合終了時):14位 勝点18 4勝6分8敗 19得点・26失点
 
【最新チーム事情】
●前節の柏戦は、オウンゴールで4試合ぶりの黒星を喫する。
●チーム最多得点者のR・シルバが、前節・柏戦で2か月ぶりに復帰。
●端山が左太腿の肉離れから復帰し、全体練習に合流。
 
【担当記者の視点】
 前節の柏戦(0-1)は、高い位置からボールを奪う戦い方が機能したものの、セットプレーの流れで喫したオウンゴールにより4試合ぶりの敗戦となった。内容が悪くなかったこともあり、戦い方を大きくは変えずに湘南戦への準備を進めている。
 
 柏戦で勝点は積み上げられなかったが、R・シルバが途中出場で2か月ぶりにピッチに立ったのは収穫だろう。ここまで、チーム最多の5ゴールを挙げているブラジル人FWは、これまでもたびたび筋肉系のトラブルに苦しんできたが、今回も左ふくらはぎの肉離れで長期離脱していた。頼れるフィニッシャーの復帰は、守備が安定してきたチームを大いに活気づけるはずだ。
 
 また、左太腿の負傷で離脱していた端山も、今週のトレーニングから合流。前線に駒が揃っている状況を活かして、今節こそアタッカー陣の奮起に期待したい。

湘南――ジャンプアップのチャンスを今回こそモノにしたい。

J1リーグ2ndステージ・2節
アルビレックス新潟-湘南ベルマーレ
7月9日(土)/19:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
湘南ベルマーレ
2ndステージ成績(1節終了時):15位タイ 勝点0 0勝0分1敗 0得点・3失点
年間成績(18節終了時):16位 勝点16 4勝4分10敗 18得点・30失点
 
【最新チーム事情】
●右ストッパーに岡本が復帰か? 島村も奈良輪も好調。
●U-19日本代表遠征から神谷が合流。ベンチ入りもあるか?
●新加入のウェズレーが徐々に湘南スタイルにフィット。
 
【担当記者の視点】
 前節の横浜戦は0-3で敗れたものの、シュート数は今季最多18本を放った。しかも、決して“あてずっぽ”ではなく、狙いを持ったショットがほとんど。横浜相手に主導権を握れた時間帯も長く、チーム内では決して後ろ向きにはなっていない。
 
 それでも結果を残せなかったのは事実。J2降格圏からのジャンプアップのチャンスをなかなか捉え切れずにいる。今回、勝点2差の新潟に勝てば、自動的に残留圏に浮上できる。これまで同様のチャンスをことごとく逃してきただけに、今回こそモノにしたい。
 
 新加入のブラジル人高速アタッカーのウェズレーは徐々にフィット。切り札としてメンバー入りするか。またU-19日本代表のアメリカ遠征で活躍した神谷も全体練習に合流し、コンディションが良ければベンチスタートに入りそうだ。
 
 旧知の友である指揮官同士の駆け引きにも注目だ。

最終更新:7/8(金) 18:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。