ここから本文です

スパイス・ガールズの『ワナビー』、国連が世界の女性へ向けリメイクMVを制作

ローリングストーン日本版 7/8(金) 15:30配信

国連のキャンペーン『Global Goals(キャンペーンのハッシュタグは、#WhatIReallyReallyWant)』の活動の一環として、スパイス・ガールズの『ワナビー』のミュージック・ビデオをリメイクした。

【映像あり】スパイス・ガールズの『ワナビー』、国連が世界の女性へ向けリメイクMVを制作

1996年にリリースされたスパイス・ガールズのガールパワーが炸裂するヒットソング『ワナビー』が、国連のキャンペーン『Global Goals(キャンペーンのハッシュタグは、#WhatIReallyReallyWant)』を代表する曲として復活。同曲をリメイクしたミュージック・ビデオは、世界中で活躍する女性アーティストが出演し、少女たちへの暴力、平等な教育の欠如、児童婚のような世界の若い女性に影響を与える問題に焦点を当てている。
ミュージック・ビデオの出演者には、インド・ボリウッド女優のジャクリーン・フェルナンデスや、ナイジェリアを拠点に活動する歌手のシーイ・シェイ、南アフリカ出身のヒップホップアーティスト、ジジ・ラーメインとモノエア、米国出身ダンサーのローレン・トンプソン、英国のヒップホップグループM.O.、カナダ出身のダンサー、テイラーハタラなどが名を連ねる。
元スパイス・ガールズメンバーのヴィクトリア・ベッカム(ポッシュ)やメラニー・チズム(スポーティー)は、『ワナビー』が同キャンペーンで使用されることを支持している。ベッカムは、『ワナビー』がリリースされてから今年で20周年を迎えることを言及し、メル・Cは同曲がキャンペーンで使用されることについて、ツイッター上で「嬉しく光栄なこと」とコメントしている。

Translation by Yuka Ueki

BRITTANY SPANOS

最終更新:7/8(金) 15:30

ローリングストーン日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

RollingStone 2016年10月号

株式会社パワートゥザピープル

2016年10月号
9月10日発売

710円(税込)

表紙:トム・ヨーク
特集:IMAGE
ロック&ファッション&アート
高橋盾(UNDERCOVER)
ヒステリックグラマー 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。