ここから本文です

大陸間弾道弾を親に持つIoTの怖い遺伝子

JBpress 7/8(金) 6:15配信

 いつの頃からか、メディアを通じて目にすることの増えたアルファベットの1つにIoTというものがあります。

 「どういう意味?」

 そこそこ以上に優秀な東大生に尋ねても、

 「ええと、Internet of Things、モノのインターネット・・・」

 「モノのインターネット?  いままでのネットはモノじゃなかったの?」

 「ええと、それは・・・」

 といった具合に、結構タジタジになる場合が珍しくありません。

 IoTというコンセプト、他の名前で呼ばれている、例えばネットワーク・ロボットとかユビキタス・コンピューティングと言われるものと別段変わるところはないといって過言ではない。では、こうしたIoTの仲間もろもろは従来のネットと本質的に何が違うのか? 

 分かりやすい例から考えてみましょう。

■ 3.11以降のインターネット

 リンクを1つ張るところから始めましょう。以下は原子力規制委員会の放射線モニタリング情報というホームページです。

 ここで「福島:相双」という部分をクリックしてみると、モニタリングポストが集めてくる空間線量の値がマッピングされているのを見ることができます。この原稿を書いている2016年7月3日14:00の時点で、例えばページ内の、

 「相馬市光陽パークゴルフ場管理棟」

 をクリックすると 「放射線量0.108μSv/h」と出てくる。ほかに、数値は表示されていませんでしたが「風速―― 風向―― 降水量―― 」とあり、

 「グラフを表示」というラジオボタンをクリックすると、時系列に添った「相馬市光陽パークゴルフ場管理棟」の放射線量を見ることができる。

 あるいは、「道の駅そうま体験実習館」であれば「放射線量0.122μSv/h」、「相馬市立玉野小学校」であれば「放射線量0.215μSv/h」といったデータを瞬時に得ることができるようになっている。このことの意味をもう少し掘り下げて考えてみましょう。

1/5ページ

最終更新:7/8(金) 6:15

JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。