ここから本文です

岸井ゆきの「ドライブデートでホームセンターに行きたい」

R25 7/9(土) 7:00配信

岸井ゆきの、撮影で特盛牛丼を何度も食べる事態に!?

ドラマやCM、舞台など、どんどん活躍の場を広げている注目の女優、岸井ゆきのちゃんがこのたび挑戦した作品が、映画『森山中教習所』だ。うらぶれた地方の教習所を舞台に、脳天気な大学生・清高(野村周平)と、その高校の同級生でヤクザになった轟木(賀来賢人)のひと夏の友情をコミカルに描く。ゆきのちゃんは清高の彼女、松田千恵子を演じる。…といっても冒頭でいきなりフラれる。

――清高くん、自分勝手でホントしょうもないですね。

「うーん。松田さんは勘違いしてしまったのかもなぁと。付き合っていないのに、付き合ってるって。清高くんもあんまり考えず、優しくしちゃうんでしょうね」

――天然のモテ属性の男って、まれにいますよね。

「私は会ったことなかったんですけど、現場での清高くんが“そのもの”だったので、あまり考えずにできました。これはもう全部乗っかった方がいいなと思って、楽しく演じましたね」

――出演シーンのほとんどがさびれた食堂。いつも牛丼特盛りを食べていたシーンが印象的でしたけど。

「私が出るシーンは数日で撮ったんですが、カットごとに(牛丼が)新しくなるから、けっこう食べてましたね。さらにお弁当も食べてて。立ち上がれないくらい食べちゃうんですよ」

――食べる女子はけっこうモテますよ。

「本当ですか!? だとしたら…あれ、おかしいな(笑)」

――完成した作品をご覧になっていかがでした? 一途な女の子の気持ちってわかります?

「わかる部分はありますね。片思いとか、多少重なる部分はあるというか…。でも何より、自分が最初からあんな風にドーンと出てるとは思わなかったですから、それでビックリしちゃいました。そして自分があんな顔をしているとは…(笑)」

――そんなことないですよ! とてもかわいかったです。

「そうですかね…。でも試写のときに、原作の真造圭伍さんが『岸井さんが松田さんでよかった』といって下さって、救われました」

――映画は教習所が舞台ですけど、免許は持ってますか?

「持ってないんです。ただドライブには憧れますね。首都高を1人で走ってみたいと思っていて。ちっちゃいころからホームセンターが好きで、よく家族で行っていました。電車でも行けるけど、買ったものを自宅に配送すると、けっこう送料かかるじゃないですか」

――じゃあドライブデートなんか楽しそうですね。

「そうですね! 大きなホームセンターで、ショールームを一緒に見るのに憧れます。ご飯も一緒に食べたりして。相手がもし免許を持っていなかったとしても、いつか取ってくれたらそれでいいかなって思います」

吉州正行=取材・文/花村謙太朗(URBAN NIGHT PICTURE Inc.)=撮影
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:8/4(木) 23:59

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。