ここから本文です

そろそろ実現化してほしい薬1位「視力回復薬」

R25 7/9(土) 7:00配信

病気やケガで実感するのが、科学・医療の発達した現代に生まれたことへのありがたみ。そう遠くはない昔、今となっては取るに足らないような傷病が死に直結していたこともあったわけですから。

しかし、人の欲求は尽きないもの。あの症状を治す薬も欲しい、思い通りに生きるためのこんな薬があれば…なんてふうに「もっと」をつい期待してしまうんですよね。

そこで今回は、20~30代の社会人男性200人にアンケート。「科学が進歩したのだから、そろそろ出てきてほしいと思う薬」について聞いてみました。

〈科学が進歩したんだから、そろそろ出てきてほしい思う薬TOP10〉
(全14項目から上位3位まで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計。R25調べ。協力・アイリサーチ)

1位 視力が回復する薬 190pt
2位 花粉症が完治する薬 186pt
3位 寝なくても眠くならない薬 109pt
4位 毛生え薬 98pt
5位 認知症が治る薬 93pt
6位 老化を止める薬 80pt
7位 若返り薬 73pt
8位 身長が伸びる薬 71pt
9位 食品アレルギーが治る薬 64pt
10位 食べても太らない薬 61pt

番外
11位 肩こりなどが治る薬 48pt
12位 酒に弱い人も飲めるようになる薬 41pt


もし仮に実現した時のことを考えると、寿命にかかわる「老化を止める薬」「若返り薬」あたりが一番インパクトが大きい気もしますが。今回の問いでは、視力回復薬、花粉症完治薬が特に期待されている薬という結果。では、それぞれを選んだ理由も見ていきましょう。

【1位 視力が回復する薬】
「メガネ→コンタクト→レーシックと進歩してきているから」(27歳)
「眼鏡が不要になると楽だから」(30歳)
「目が悪く、メガネがないと生活ができないから」(39歳)
「眼科だけ進歩が遅れてるきがする」(31歳)
「メガネがいらなくなる。 まさに人類の夢」(32歳)

【2位 花粉症が完治する薬】
「花粉症で苦しんでいるひとが多いから」(28歳)
「一度かかったら治らないと言われているから」(37歳)
「国民病だから対処してほしい」(29歳)

【3位 寝なくても眠くならない薬】
「世界中の学生や社会人が望んだ薬だと思う」(29歳)
「働きたいから」(36歳)
「仕事が忙しくていつも睡眠不足だから」(36歳)

【4位 毛生え薬】
「男性としては一番気になる部分」(29歳)
「発毛技術が進んでいるから」(30歳)

【5位 認知症が治る薬】
「認知症の人がいなくなれば、社会保障にかかる費用を抑制する事が可能になるから」(30歳)
「ヒトの寿命が延びた分だれでもかかる可能性があるから」(31歳)

【6位 老化を止める薬】
「不老長寿が夢だから」(37歳)

【7位 若返り薬】
「誰もが願うことであり、基礎研究の段階だが実現性が帯びてきているから」(34歳)

【8位 身長が伸びる薬】
「もう少し身長がほしかったから」(28歳)

【9位 食品アレルギーが治る薬】
「食べられないことは深刻です」(31歳)

【10位 食べても太らない薬】
「カロリー計算しながら食べるのは大変」(28歳)

本人自身の切実な悩み、あるいは他者への思いやりと選んだ理由は様々。科学・医療は日々進化していますから、アンケート項目のような薬もそのうちに実現してゆくのでしょうね。
(のび@びた)
(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:7/9(土) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

なぜ今? 首相主導の働き方改革