ここから本文です

ツール・ド・フランス第7ステージはカミングス優勝/フラム・ルージュ倒壊事故でタイム変更!

CYCLE SPORTS.jp 7/9(土) 7:57配信

ディメンションデータ4勝目

第103回ツール・ド・フランス(UCIワールドツアー)は、7月8日にリル・ジュルダンからラック・ド・パヨールまでの162.5kmでピレネー山岳初日の第7ステージを競い、英国のスティーブン・カミングス(ディメンションデータ)が独走で逃げ切り、昨年につづいて2度目の区間優勝を果たした。

マイヨ・ジョーヌを着たベルギーのグレッグ・バンアーベルマート(BMC)はこの日の逃げに加わり、メイン集団より1分25秒早くゴール。ピレネー初日に失うかと思われていた総合成績でのリードを6分半以上に広げた。(後に変更)

この日、総合を争う選手たちはメイン集団でゴールしたが、フランスのティボー・ピノ(FDJ)だけはアスパン峠越えで失速し、ライバルたちよりも3分近く遅れてゴールした。「単純に脚がなかった。言い訳のしようもない。ピレネーで遅れるのは3回目だ。ツールでは100%でなければならないのに、僕は100%ではない…」と、総合争いから大きく後退したピノは落胆していた。

メイン集団では、ゴール手前残り1km地点を通過した時に、フラム・ルージュのかけられたバルーンアーチが倒壊するアクシデントが発生し、英国のアダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)が負傷したが、全員が無事ゴールしている。

フラム・ルージュ倒壊事故でタイム変更!

現地時間夜9時になってから、主催者はこの事故で第7ステージは参加選手全員にゴールまで3km地点で計測したタイムを与える決定を下した。カミングスの優勝タイムは3時間51分58秒から3時間48分09秒になり、メイン集団は4分29秒遅れから3分37秒遅れに修正された。

バンアーベルマートは第7ステージで1分25秒のタイムを稼いだはずだったが、この変更で45秒失ってしまった。総合成績でのタイム差も6分半から6分弱になっている。

この決定で最大の恩恵を受けたのは、フラム・ルージュの倒壊でアゴに4針縫うキズを負ったイエーツだった。彼はアスパン峠の下りで集団からアタックし、フラム・ルージュの下を通過した時にも集団の前を走っていた。

前日まで総合2位のアラフィリップより6秒遅れで総合13位だったイエーツは、集団よりも7秒少ない3分30秒差のタイムを与えられ、たった1秒差でアラフィリップを抜いて総合2位に浮上した。フランスのアラフィリップは、第7ステージ終了後の表彰式で新人賞のマイヨ・ブランを受賞していたのだが、それをイエーツに奪われてしまった。

フランスのレキップ紙は、今回の事故は観客の1人がフラム・ルージュのバルーンアーチの足の1本を固定していた杭を引き抜いたために起こったと報じている。


■第7ステージ結果[7月8日/リル・ジュルダン~ラック・ド・パヨール/162.5km]
(※フラム・ルージュ倒壊事故の影響により、残り3km地点で計測されたタイムが適用された)
1 スティーブン・カミングス(ディメンションデータ/英国)3時間48分09秒
2 ダリル・インピー(オリカ・バイクエクスチェンジ/南アフリカ)+1分04秒
3 ダニエル・ナバロ(コフィディス/スペイン)+1分04秒
4 ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ/イタリア)+1分58秒
5 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)+2分57秒
6 ルイスアンヘル・マテ(コフィディス/スペイン)+3分37秒
7 ゲラント・トーマス(スカイ/英国)+3分37秒
8 ウォートル・プールス(スカイ/オランダ)+3分37秒
9 ゴルカ・イサギレ(モビスター/スペイン)+3分37秒
10 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+3分37秒
11 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+3分37秒
33 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+3分37秒
62 ティボー・ピノ(FDJ/フランス)+6分41秒
73 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+3分30秒
110 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+13分21秒
■第7ステージまでの総合成績
1 グレッグ・バンアーベルマート(BMC/ベルギー)34時間09分44秒
2 アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)+5分50秒
3 ジュリアン・アラフィリップ(エティックス・クイックステップ/フランス)+5分51秒
4 アレハンドロ・バルベルデ(モビスター/スペイン)+5分53秒
5 ホアキン・ロドリゲス(カチューシャ/スペイン)+5分57秒
6 クリストファー・フルーム(スカイ/英国)+5分57秒
7 ナイロ・キンタナ(モビスター/コロンビア)+5分57秒
8 ワレン・バルギル(ジャイアント・アルペシン/フランス)+5分57秒
9 ピエール・ロラン(キャノンデール・ドラパック/フランス)+5分57秒
10 ダニエル・マーティン(エティックス・クイックステップ/アイルランド)+5分57秒
11 ファビオ・アルー(アスタナ/イタリア)+5分57秒
23 アルベルト・コンタドール(ティンコフ/スペイン)+7分18秒
27 ティボー・ピノ(FDJ/フランス)+9分12秒
124 新城幸也(ランプレ・メリダ/日本)+43分31秒
[各賞]
■ポイント賞(マイヨ・ベール):マーク・カヴェンディッシュ(ディメンションデータ/英国)
■山岳賞(マイヨ・アポワ):トーマス・ドヘント(ロット・ソウダル/ベルギー)
■新人賞(マイヨ・ブラン):アダム・イエーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ/英国)
■チーム成績(黄ゼッケン):BMCレーシングチーム(米国)
■敢闘賞(赤ゼッケン):ビンチェンツォ・ニーバリ(アスタナ/イタリア)

最終更新:7/9(土) 7:57

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円