ここから本文です

ストレスを感じたら、このツボを押して対策!

OurAge 7/9(土) 11:10配信

ストレスを感じて気分がモヤモヤ。やるべきことがあるのに集中できない、悪い結果を考えてしまって余計にストレスが! 

「そんな悪循環をもたらすストレスは、その日のうちにリセットするのが大切です。感情の乱れから起こるストレスには、心を穏やかにする『だん中(だんちゅう、だんはニクヅキに「壇」の右側)』で対策を」と、鍼灸師・認定エステティシャン・アロマセラピストの深町公美子さん。
「だん中は、乳首を結んだ線の中央にあるツボです。左右の手の中指を重ねて置き、呼吸を整えて静かに1分くらい抑えると気分がスーッと和らいでくるはずですよ」

いつでもどこでも押せる位置だから、ぜひこのツボを覚えて、ストレスを感じたら静かに押す、を習慣にしたい。

「もうひとつ、手首内側のシワの真ん中からひじ方向に向かって指3本分のところにある内関(ないかん)というツボも、平衡感覚を整えてくれるので、ストレスに強くなる力をつけることができます」

内関は、気分が落ち着くまで人差し指で揉み続けるのがコツだとか。こちらも、まわりの人に気づかれることなく、いつでもどこでも押せるので、ぜひ覚えておきたいツボだ。
「内関は、乗り物酔いにも効果がありますよ」

最終更新:7/9(土) 11:10

OurAge

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。